【大投資時代】ビットコイン BTC をポートフォリオに組み込むべき理由

 

老後資金2000万円不足、少子高齢化、年功序列制賃金、終身雇用の崩壊。

社会システムのゆらぎや経済の停滞は、人々を資産運用に駆り立てた。

世はまさに、大投資時代。

♪ありったけの、フィアットをかき集め、探しもの、探しにいくのさ♪

 

投資といっても、株式や貴金属、そして日本円といった現金まで様々な種類があります。
今回の記事では、自分の資産を預ける投資アセットの選定方法について紹介します。

【この記事が特に刺さる方】

・投資に興味があるけど、時間をかけたくない。どんな資産の種類があるのか知りたい
・FIRE に興味がある

当サイト “クリプト≒フリプト” は、「経済的自由を得て充実した人生を送る人が増える」ことを目的に運営しております。

 

関連記事はこちらです!

【投資の美学】ルールを確立して投資時間収益率を上げよう! / 資産運用(株式・暗号資産)

 

資産を増やすためには「現金」以外の資産に投資を行う必要がある

上がらない賃金、上がり続ける社会保障費。

ここ30年、貧しくなるばかりの日本国民。

 

会社や国家からの援助に過度な期待をせず、自ら資産を増やすことを決めた人々は、

資本主義社会に存在する様々な投資商品、アセットを購入しました。

 

それが大投資時代の具体的な行動です。

 

ですが、投資をすれば全て儲かるわけではありません。

 

まずは、投資対象を選ぶ必要があります。

資産としての歴史も価格決定方法も全く異なるあらゆる種類の投資対象から、どの資産の価値が上がるのだろうか。と考えるのです。

おおまかにわけると現金・暗号資産・米国株を3等分です。

なお、私はっかのようなポートフォリオを組んでいます。

 

米国株をおすすめする理由は、前回の記事で解説いたしました。

【シンプル投資】米国株インデックスの自動積立設定さえ忘れよう / 投資時間収益率

 

主な資産の種類

主な資産は以下のような種類があります。

株式(日本、先進国、新興国)

不動産

コモディティ・金

債券

フィアット通貨(日本円、米ドルなど、中央銀行の信用を元に発行される紙幣)

上から順番に元本割れ(評価損失が出る)の可能性が高いリスク資産となります。

なお、ここでは「フィアット通貨」を投資対象にいれています。

リーマンショック以降の通貨の大幅供給増によって著しく信用が低下した中央銀行が発行する「フィアット通貨」はもはや、価値が担保されたものではなく、「投資対象」に含むべきだと考えているためです。

デノミネーション・ハイパーインフレは2020年代の日本で起こりえないのか /フィアット通貨探訪

 

ですが、現在、日本国民の大半の方は、現金(フィアット通貨)を銀行に預けています。

それが安全だと思っているからなのですが、もはや現金さえ安全ではなく、いかに資産を様々な投資対象に分散してリスクを抑えるかが重要になるでしょう。

 

 

過去10年の投資パフォーマンス比較→米国株が強いが…

 

投資の始まりは、現金(フィアット通貨)をその他の資産に交換(trade)することから始まります。

その他の資産「株式(日本、先進国、新興国)、不動産、コモディティ・金、債券」

 

どれにしようかな、と投資先を考える中で、

せっかくなら最も価値が高くなる投資対象をより多く保有したいですよね?!

 

では、ここで二つの資料ををみて、どの資産が最も良いパフォーマンスをたたき出したのかをみてみましょう。

①10年の各資産クラスの価格推移 参照サイト:モーニングスター

②米国株と日本株の推移(30年) 参照サイト:マネックス証券

 

 

これらの表とグラフをみれば、米国株が最も大きなリターンをたたき出していることがわかります。

しかし!

モーニングスターやマネックス証券といった証券会社の資料には、新興資産アセットであるビットコインは含まれていないのです。

では、ビットコインの価格推移はどのようになっているのでしょうか。

 

参照:メッサリ https://messari.io/

 

暴落もあるが、過去10年の値上がり率ではビットコインが最大

 

直近10年で最も値上がりした資産は、ビットコイン(BTC)です。10年以上前は1円以下で取引されていましたが、現在は約400万倍の300-500万円で取引されています。(2022年2月23日時点の価格帯)

2010年のBTC価格は、約0.06ドル、日本円にして約6円。

2021年2月22日現在約37,000ドル 約600,000倍 1円が60万円になっていたということです。

 

ここで私が独自に作成した、2012年からのビットコインの値動きを記録したグラフを紹介します。

 

どうでしょうか。この「圧倒的」な価格上昇。

暴落と暴騰を繰り返しながら、着実に価格上昇を続けているのがビットコインなのです。

 

この価格推移をみれば、10年前といわずとも、5年ほど前から持ち続けていれば、

10倍どころか100倍になっていてもおかしくないのです。

では、ビットコインを持っていた人がどれほどいたかというと…皆無です。

2018年から仮想通貨投資を始めた私も、100万円以下で大量に仕入れることができず、平均取得単価は200万円を超えています。

 

ではなぜ、安いときに大量に買って、今の価格帯まで保有し続けることができなかったのか?

 

それは、リスクが高すぎたのです。

 

※2022年2月24日も、ロシアのウクライナ侵攻によるリスクオフの流れを受けて、BTCは約5%を超える暴落をしています。

 

ですので、たとえ他のどの資産アセットよりも結果的にビットコインが値上がりしていたからといって、今までビットコインを買うのをためらっていた人を責めることはできないでしょう。

 

無価値と思われていたBTCは価格を何百、何千倍に伸ばした

 

つい最近まで、ほとんどの人が「価値はない」と考えていたのですから。

世界的な投資家であるウォーレン・バフェット氏でさえ、「おそらくネズミの毒の二乗」とまで言い放っていました。

バフェット氏の投資哲学から学ばせてもらっている私でさえ、「ねずみの毒の二乗は言い過ぎやろ」と顔をしかめました。

 

そんなバフェットしも、間接的にビットコインなどの新興金融サービスへの投資を始めました。

【2022年2月17日 ガジェット通信】ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイは、ブラジル最大のフィンテック銀行で、同国のビットコイン投資家の間でも人気のあるNubankへのエクスポージャーを増やした。バフェット氏のNubankへの追加投資は、金融サービスのデジタル化を進めるフィンテック分野への認識と、仮想通貨分野に関わる企業へ関与しようとする意欲を示すものだ。

 

2010年頃、ビットコインが誕生した頃にビットコインがどのような評価を受けていたかご存じでしょうか?

「犯罪や詐欺の温床になる怪しいもの」

「発行主体の信用がないので価値が持続されるはずがない」

といった評価でした。これらはたしかに事実でした。

ビットコインはシルクロード事件に代表されるようにマネーロンダリングに使用されていましたし、国家の通貨発行権を脅かすビットコインは国家機関や既存金融からすれば邪魔者でしかなかったのです。

ですが、その評価や批判を真に受けて、ビットコインは危険だから投資すべきではないと判断することは結果的には間違っていました。

 

そもそもビットコインは既存金融に対する「アンチテーゼ」として発行されたのですから。

 

批判を受けてでも、資産クラスとして生き残る、と数年前から信じて投資し続けた人が結果として正解だったのです。

 

 

ビットコインは、2021年以降正当な資産アセットとして認められつつある

 

なぜなら、ビットコインは今から正統な資産クラスとして評価されていくからです。

カナダ、ブラジルではビットコインETFがすでに取り扱いを開始しており、

米国でもビットコイン先物ETFが2021年10月18日より開始されました。

 

世界の主要なニュースや投資メディアも、もはやビットコインを無視できなくなっています。

CNBC(ニュース通信社ダウ・ジョーンズとアメリカの大手テレビネットワークのひとつNBCが共同設立したニュース専門放送局)では現在、ダウ平均株価(DJIA)、ナスダック、S&P500と並んでビットコインが画面に表示されていることにお気づきでしょうか。

「CRYPTO」とたしかに表示されているのです。

 

その他、世界株価のアプリでもビットコインをはじめとした仮想通貨の価格が表示されています。

つまりビットコインは、「資産としての信頼度が高まっているのです。 

 

また、資産アセットしてだけではなく、通貨としてもビットコインは重要度を増しています。

 南米のエルサルバドルでは、国がビットコインを法定通貨と制定し、日常の決済で使用できるようになり、政府が率先してビットコインのマイニングを行っています。

エルサルバドルはビットコインを法定通貨に。その博打はどうなる? / 暗号資産・法定通貨

今後、自国通貨を持たない国や、トルコやブラジルのように自国通貨の価格維持に苦しむ国は、ビットコインを法定通貨として採用するかもしれません。

また、アメリカやヨーロッパなど、ほとんどの主要都市には、ビットコインのATMも設置されています。そして日本でも、ビットコインATMの設置準備が進んでいます。

世界は今、ビットコインを受け入れ始めているのです。

 

 

下がっている局面こそ、ビットコインを買う、もしくは、もらう

 

「ではあなたはどうしますか?」という話に戻るのです。

 

今からでも遅くはありません。たしかにビットコインはわかりやすいものではなく、怪しさがつきまとうことも否定はできません。

何度も暴落を繰り返しています。

1か月で30%を超える暴落をすることも度々あります!

 

 

しかし暴落の度に不死鳥のように価格を上昇させて、過去最高値更新を繰り返してきています。

もちろん、下がったタイミングで一気に買い増しをすることがBESTですが、そう簡単にはできません。

だからこそ自身が投じることができる資金の与信管理を行いつつ、淡々と毎月一定量購入しておくことが望ましいと感じるのです。

私が提唱することは資産の1%~5%でもいいので、少しずつビットコインを資産アセットに加えていきましょう、ということです。

 

5年先、10年先のために、月1000円でも良いので、少額でコツコツと貯めていくのはいかがでしょうか!

 

※具体的には以下の記事で解説しております!

暗号資産投資で利益を上げるため心構え≒暴落は買い場 / ビットコイン イーサリアム

 

ビットコインはあなたの資産における強力な「なかま」になる、そんな予感を抱いていただけるように、このブログでは今後も様々なデータを紹介いたします。

 

 

さて、問題は今から何をするか、です。

幸いにもビットコインは、2022年2月25日現在、

3か月前の最高値圏から50%前後の水準まで暴落しています。

約760万円(2021年11月) →約400万円 (2022年2月25日)

 

GMOコイン より、ビットコインチャート

 

端的に言いますと、

ビットコインを今から買いましょう、もらいましょう。

 

そして、ビットコイン、イーサリアム、ステーブルコイン(DAI、USDT)をレンディングサービスに預けて、利息を複利運用しましょう!詳細は下記の記事、もしくは動画でご確認ください。

暗号資産(仮想通貨)レンディングサービス に申し込もう! 【複利で運用 @Bitlending】

 

もちろん2022年2月25日の価格水準からさらに値下がりする可能性もあるため、下の価格で指値買い注文をすることもよいでしょう。

 

 

投資は経験値がものをいう

私は2018年から暗号資産投資と向き合ってきましたが、確信したことがあります。
資産を増やすためには、焦らずに投資の経験値を積み重ねる必要があるということです。

今はまだ暗号資産を保有していない方もまずは少額から購入してはいかがでしょうか。

 

私のおすすめの仮想通貨取引所は、

GMOコインとBITPOINTです。

※参考資料 当サイト作成「取引所徹底比較」 2位GMOコイン4BITPOINT

こちらのリンクから口座開設が可能です!

 GMOコイン BITPOINT

 

なお現在、BITPOINT ではお得なキャンペーンが実施されております。

2022年1月31日(月)16時~2022年3月31日(木)16時まで、口座開設キャンペーンを実施しており、キャンペーン期間中に、口座開設が完了したお客様には3,000円相当のDEPがもらえます。

さらに、2022年3月31日まで、BITPOINTでは入金キャンペーンを実施しております。1万円以上の入金でDEPコイン1000円相当が配布されます。

※口座申し込みはこちらのリンクより行っていただけますと幸いです。

BITPOINT 口座開設

私はBITPOINTの紹介プログラムに参加しているため、紹介した人、紹介された人のどちらもプレゼントを受け取ることができます。プレゼントは、日本円か当社取扱いの暗号資産から自由にご選択いただけます。

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます!

当ブログは、”経済的自由を得て人生を充実させる”ために役に立つ情報をお届けします。

経済的に豊かになるためにどんな行動が必要でしょうか?

 

1 暗号資産(仮想通貨)投資 × 株式投資

経済的に豊かになるためには、投資を行って資産自身に増えてもらうことが必須です。

私は2018年から暗号資産投資と向き合ってきましたが、確信したことがあります。
資産を増やすためには、焦らずに投資の経験値を積み重ねる必要があるということです。

今はまだ暗号資産を保有していない方もまずは少額から購入してはいかがでしょうか。

 

2-1 まずは保有。国内暗号資産取引所を開設し、ビットコインorイーサリアムを積立

☆→長期保有目的なら、Bitlending にて、暗号資産(仮想通貨)を貸出!金利8~10%(2022年3月)
売買をせず長期で持つだけならば貸出(ステーキング)もおすすめです!利益確定をせずに暗号資産の数量(枚数)を増やすことができます。おすすめは「BitLending」のサービスです→

2-2 短期売買で利益を求めるなら手数料格安かつ種類が豊富なアルトコイントレードができる海外取引所を開設

GMOコインBITPOINTは暗号資産の送付手数料が無料です。これらの取引所からBTCかETHをBINANCE(バイナンス)に送付し、そこからアルトコイン売買を始めることをお勧めします。

※海外取引所(バイナンス)の使い方
1:送金手数料無料の国内取引所(GMOコイン)を口座開設し、ビットコインを購入
2:海外取引所(バイナンス)で口座開設する
3:バイナンスにてBTC受入アドレスを表示し、送金手数料無料のGMOコインからバイナンスに送金する
4:バイナンスにて、BTCを受け取る。BTC建で、欲しいアルトコインを購入する

 

 

2 副業(ブログYOUTUBE等)で、総収入を底上げ

副業では自分が得意・好きな分野で発信し、収益化を目指すことができます!
※当ブログはGMOグループの”お名前.com”で独自ドメインを取得しXサーバーで運用中。
”お名前.comドメイン”を取得する際には「Whois情報の公開代理を利用する」にチェックを!

 

当ブログ”クリプト≒フリプト”では、暗号資産や株式投資を行うための豊富な情報を発信しております。以下のサイトマップより、興味のある記事を探してみてください!

【時短投資】投資ルール確立へ。“投資時間収益率=税引後利益÷投資に費やした時間” を高める!

【クリプト投資戦略】利益を上げるために必要なことは、時期の見極め、資金管理、情報収集!

【FIAT≒法定通貨】FIATの歴史や役割を学び、お金は人を幸せにするのかを探ります。

【ミステリー】謎、夢、謀略、ロマン、ビットコインを巡る物語や小話をご紹介。

【高配当・優待株式】株式投資を学べば毎年10%以上の安定した収益が狙えます。

 

【ブログランキングにも参加中】応援していただければ記事作成の励みになります!


仮想通貨ランキング

 

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村

 

【おすすめ暗号資産取引所の紹介】
国内外含めて累計で15以上の取引所を利用しました。その中で現在メインとして利用している取引所は以下です。取引所口座を保有していない方は、下記リンクよりご登録ください!

【GMOコイン】
-東証一部上場GMOインターネットグループ運営-
◎板取引で売買できる銘柄数が多い
◎暗号資産・日本円ともに、出金手数料が無料!
◯東証一部上場の子会社のため財務が健全

【BINANCE(バイナンス)】
-世界最大の海外仮想通貨取引所-
◎取扱銘柄数が日本の取引所より多く、BUSDを経由することで取引手数料は最安に
◎ステーキングやローンチプール等金利をもらえるサービスが豊富
△金融庁未認可のため規制リスクあり

スーパーサブ・親会社リミックスポイント株式を保有しているため適宜使っています。
【BITPOINT】
-上場企業リミックスポイント運営 新庄剛志氏がCM出演の取引所-
◯貸して増やすサービスが豊富。
△取引板が薄い。TRX、JASMY、ADAは販売所のみ。(2022年1月時点)

 

経済的自由を目指すあなたを当ブログは応援いたします!

 

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。