【借金大国日本とは】政府資産は世界一。自助努力で資産運用必須

日本の借金1000兆円を超えているので増税することが当然なのか。
資産形成のためにどのような投資ポートフォリオを構築すればよいのか。
検討に検討を重ねた末に政府が増税を連発するのは誰のためなのか。
円安トレンドは続くのか。そもそも日本円の価値は信用できるのか。

コンフィデンスマンの世界へようこそ

 

本日は「借金大国 日本」という一般的な報道の裏に潜む謎に切り込みます!!

 

【私が言いたいこと】

日本国には1000兆円以上の借金があるが、対外純資産も世界一の400兆円超え。
一般的な家計ならば、借金をする前に貯金(資産)を取り崩したり、車を売却するのでは。

日本政府・財務省がそれを行わない理由は、役人方々は政府が使えるお金を減らしたくないから?

政府の過去の動きを見れば増税不可避。私たちは自助努力で資産を形成するしかない!

未来最高と叫ぶために!

 

©チェンソーマン / 藤本タツキ / 集英社

 

※下記の記事に関連した内容となります!

NISAとは 積立投資の始め方はSBI証券で全世界株式を購入

日本円・紙幣とは 原価20円の1万円札に価値がある理由を考える

 

動画版はこちらです!

 

借金大国ではあるが、債権国でもあることを正しく捉える

問題です!

「日本は1000兆円の債務がある世界有数の借金大国だ。

だから消費増税は致し方ない。YESかNOか?」

私はこの問いに対して、NOと答えます。

なぜかというと、日本は対外純資産を400兆円以上も保有する債権国でもあるからです。

 

令和4年5月27日 財務省発表資料

財務省HP 「現在本邦対外資産負債残高の概要」 

対外純資産(たいがいじゅんしさん) 参照:三井住友DSアセットマネジメント 

日本の政府や企業、個人が外国に保有する資産から負債を差し引いたもの。資産は政府の外貨準備高、銀行の対外融資、企業の対外投資といった額を合計。負債としては海外勢の対日投資などがあります。純資産が大きくなると、国として海外で稼ぐ力を示す代表的な指標である経常収支の改善につながります。

 

「けどあかんって。日本政府の借金は1000兆円を超えて…」

いえ、これも政府の思惑です。

 

日本政府は”日本国民”に借金をしている

政府の借金は、赤字国債の発行によるものです。

赤字国債とは、日本国において、財政の赤字を補填するために発行される国債である。特例国債。財政法上、赤字国債の発行は認められていないため、特例法を制定して発行される。

https://www.mof.go.jp/faq/budget/01aa.htm

政府は国債を発行し、銀行に買ってもらうという形で借金をしています。
そして銀行が国債を買う資金としているのが、私たち国民が銀行に預けている預金なのです。

これが日本の借金の本質です。

 

国内から借りているということは、ほぼすべて「円建て」での借金です。

いざとなれば日本政府は、円を刷ることができます。お金の流通量を増やせば、借金なんて簡単に返せるのです。

 

外国からお金を借りているギリシャなどとは内訳が違います。

 

参考資料

 

 

対外純資産も多い、借金の内訳は国内…

そう考えると、日本の財政は深刻な水準ではないのです。

しかし政府は「借金額だけを強調し、財政危機を煽り、増税を推し進め」ています。

 

みなさん、どう思いますか?

あえて国民の格差を拡大させる「逆進税」である消費税を上げ続ける必要ってありますか?

累進課税とは、課税標準(租税を賦課する課税対象)が増えるほど、より高い税率を課する課税方式のことをいう。
累進課税とは逆に、所得が少ない人ほど税の負担率が高くなる租税を逆進税という。 ある税が逆進的かどうかは所得に対する税率で評価される。

 

消費税を上げる前に、まだすることがあるじゃないですか?

対外純資産残高411兆円(令和4年発表)

 

これを徐々に売却すればよいのです。
日本政府には、売ることができる資産がたくさんあるのですから。

しかし政府は積極的にそのようなことを行っているわけではないように見えます。

むしろ対外純資産を使って、特殊法人をつくり、そこに大勢の役人を天下りさせていた(いる)なんて話も。

 

国有地や対外純資産に潜むのは既得権益か

しかし、メディアや政府はそれらを大々的には報道しません。

芸能人が逮捕されるときには、たいてい、政府にとって不都合な報道があるという都市伝説と同じです。

私がそれに気づいたのは、2017年2月森友学園事件のときです。
下記の自己紹介の記事に記載していますが、当時国交省に在籍していた私は、この事件の関連部署にいました。

【原点】笑っていいとも!ハチャメチャ人生を自己紹介~

 

森友学園問題の肝は、「国有地を安倍首相と関わりのある籠池氏に不当に安く売り払った」ということです。

さらに私は、国家公務員として働いた3年間の中で、とある利権を見てきました。

定年退職後に「特殊法人」に天下る方々の人事異動通知書です。

私は、森友学園事件や人事異動通知書などを通してこう思いました。

「国有地を不当に安く売り払うような不正はこれだけではないだろう。
つまり、これは氷山の一角だ。

国有地に対してこのような対処を行っているのならば、
たとえ対外純資産があろうとも、政府はそれを利権としか考えていないのではないか。
自分たちが甘い汁を吸うことを第一に考えているのかもしれない…」

財政危機を煽って、社会保険料、消費税を上げ、国民経済を疲弊させる…???

 

だから私は、ビットコインに夢を託すのです!!

邪道でもいい。ビットコインには管理者がいない。

特定の利権から離れた分散型の仕組み。

ビットコインとサトシナカモト 金融と哲学が融合した革命物語

 

 

日本政府・日本円を信用しすぎず、分散投資を進める

 

さて、みなさん。考えてみてください。

あなたには100万円の借金がありますが、資産など貸しているお金が40万円あります。

それにも関わらず、人に貸しているなどの資産のことはまるでそれを隠すかのように何も言わず

「借金が100万円もあるからもっとお金をくれ~!」と叫びますか??

まずは借金をする前に、資産を取り崩す必要があるでしょう。

 

しかし、日本は違います。

日本国には1000兆円以上の借金がありますが、対外純資産も世界一の400兆円超え。

しかし、対外純資産を取り崩して、国民生活を守る、増税をしない、

などという議論は行われる気配さえありません!(執筆時 2023年1月)

 

政府が守りたいのは国民の生活水準ではなく、

政府・日銀のバランスシートではないでしょうか?

 

 

資産運用は自助努力、政府が準備したNISAを利用して株式投資

「2024年」に新札が発行されますが、この時を契機にインフレがさらに進むと警戒しています。

10数年前、1本100円で買えていたジュースが、2023年には160-170円前後。

 

ハイパーインフレーション・デノミは日本で起こる可能性がある?

 

そして、日本円はいずれ中長期的には円安が進んで価値が下がるでしょう…

そう予想している私は自分の資産を、仮想通貨・米ドル・国外株式などに分散して保有しております。

ポートフォリオ:安全資産と危険資産の最適保有率
金融・投資用語としてのポートフォリオは、現金、預金、株式、債券、不動産など、投資家が保有している金融商品の一覧や、その組み合わせの内容を指しています。このポートフォリオを見れば、投資家がどのような金融商品をどれだけ保有しているかがわかるだけではなく、保有資産の分散の仕方からリスクに対してどのようなヘッジ(分散による備え)をしているのかが見て取れます。

 

政府の過去の動きを見れば今後も増税は不可避でしょう。

社会保険料も消費税も、法人税も上がり続けそうなヤな予感です。

 

だからこそ、私たちは自助努力で資産を形成するしかありません。

なお、私の投資ポートフォリオの主力は、米国株式と暗号資産です。

 

そして今後は、NISA制度を活用してさらに積極的に投資を行う予定です。

 

政府も2024年からNISA制度を改良し、国民への投資を推奨しています!

NISAとは 積立投資の始め方はSBI証券で全世界株式を購入

 

※提携先:一般社団法人マネーアカデミー様の書籍のご紹介
投資初心者の方向け 「はじめての資産運用 (Bコミ坂本慎太郎さん 著)」
投資に挑戦する全ての人に読んでほしい 1 冊です。

株式投資に関して網羅的にわかりやすくかかれた書籍です!

 

発行上限のあるデジタルゴールド・ビットコインも良き

私は、株式投資よりもリスクの高いビットコイン・仮想通貨投資も同時に行っています!

新興アセットクラスである仮想通貨(暗号資産)は、高い成長が期待できるためです。

特にビットコインは発行上限が2100万枚と決められているためインフレに強いとも言われています。

仮想通貨に関する記事は下記に記載しておりますのでご覧いただければ幸いです!

投資ポートフォリオにビットコイン BTC を組み込むべき理由

【仮想通貨 戦略】保有時期を工夫し利益を出す方法 ビットコイン

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!

<経済的自由への道草・おすすめサービスのご紹介>

※株式はSBI証券等で投資を行っております。
SBI証券で 口座開設

 

Ⅰ 暗号資産を売買した場合、損益計算もセットで実践

暗号資産の投資において1年分の売買損益を計算し、20万円以上の利益が出た場合は確定申告をする必要があります。 ※参照 金融庁HP

手作業での計算は非常に時間がかかりますが、確定申告に必要な損益計算を自動で行うソフトGtaxを使用し、作業を大幅に簡略化することも可能です。

👉詳細はこちら(取引件数に応じて、価格が異なります

Gtax

 

 

国内暗号資産取引所の口座を開設し、暗号資産を購入するなら

私がメインで利用しているのは下記です。
※全て金融庁のHP記載の「暗号資産交換業者登録一覧」に掲載されている国内の暗号資産取引所を紹介しております。

主力A GMOコイン 出金手数料無料の万能取引所
✔日本円出金手数料無料、暗号資産送付手数料無料!
✔現物取引可能な暗号資産数が非常に多く、アプリも見やすい。
✔東証一部上場企業の子会社が運営し安心感も高い。
👉無料登録はこちら

主力B bitbank 画面がカッコよくアルトコイントレーダー向け
✔現物取引可能な暗号資産数が多く、板取引がしやすい
✔ 60種のテクニカル分析を利用できるリアルタイムチャート
👉無料登録はこちら

bitbank(ビットバンク)

 

Ⅲ 人生において時間を大切にしたい、レンディングでほったらかし投資

当サイトビジョンにも記載しているように、短期売買ではなく投資にかける時間を短くして楽しみながら長期で資産を運用することを推奨しています。

【理念】資産形成のコツは、程よい距離感を保って投資を楽しむこと

日常生活が多忙で細かなトレード・売買をしたくない方に向けてはレンディングサービスをご紹介しております。分別管理の適用範囲外のためリスクはあります。

なお私は、保有している暗号資産(ビットコイン、イーサリアム )をレンディング事業者に預けて、ほったらかしで複利運用を行っています。

👉私が利用しているBitLendingのサービスの詳細はこちら

BitLending

※ここまでアフェリエイト案件をご紹介しました。
なお、当サイトの案件の取り扱い方針は以下となります。

【理念】当メディアがアフェリエイト案件をご紹介する意味

Ⅳ 投資の種銭が少ない!という方は副業(ブログ等)で、総収入を底上げ

私の本業は会社員ですが、副業に取り組み、投資の種銭確保を目指しています!
副業では自分が得意・好きな分野で発信し、収益化を目指すことができます。

※当サイトはGMOグループの“お名前.com”で独自ドメインを取得しXサーバーで運用中。”お名前.comドメイン”を取得する際には「Whois情報の公開代理を利用する」にチェックを!

 

Ⅴ 最後に

当サイト”クリプト≒フリプト”では、投資を楽しんで続けるための豊富な情報を発信しております。以下より、興味のある記事を探してみてください!

時短投資術:分析との決別!投資に費やす時間を減らすためのルールを確立
投資閃略(クリプト):リスクの高い暗号資産投資で利益を上げるための厳選情報
法定通貨:FIATの歴史や役割を学び、お金と幸せの関係を探る
投資の心絵:投資をする際の心構えやメンタル管理術

 

なお当サイト以外にも運営しているブログやYOUTUBEなどがあります。
ご興味がありましたらぜひご覧ください!

【YOUTUBE・投資の美学クリプトルパン】関西弁で楽しくわかりやすく発信!
【徒然道草】おもしろくなき世をおもしろく~心行くまで人生を堪能する
【俺たちバグジー親衛隊】エルチー32丁!電車でオッサンにタコ殴られ!高校生の青春劇
【道楽舎】道草を楽しめ-人生を謳歌し自分にしか出せない価値を生み出す
【LINE スタンプの販売】STEPNお散歩、道中楽しむ、光秀謀叛やめた etc

 

【運営主の自己紹介】
・人を笑わせたい陽気な道楽家。探偵ナイトスクープにも出演。1993年生まれ
・本業は会社員、兼業で金融メディアを運営。何度倒れても立ち上がるポジティブ男
・国土交通省勤務時代に公文書偽造問題に直面し、BCに興味を持つ
YOUTUBE”投資の美学 クリプトルパン”も運営し関西弁でしゃべり倒す
・暗号資産交換業者で勤務し専門性が少し高い。ほったらかし投資を実践

当サイトは利益を狙う情報に加えて、投資の面白さや楽しさを追求しております。
下記に記載した私の生い立ちからそのような運営方針となりました!

【原点】笑っていいとも!ハチャメチャ人生を自己紹介~

【ブログランキングにも参加中】当サイトを応援していただける方は、クリックのほどお願いいたします!みなさまのエールが記事作成の励みになります!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

 

経済安全保障を確保し、経済的自由の獲得と自由な人生を目指す読者の方々を応援するため、当サイトを真摯に運営してまいります!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です