仮想通貨を学ぶ書籍 おすすめをご紹介! 知識を投資に活かそう

「仮想通貨やブロックチェーンに関して耳にする機会が増えてきた」

「勉強したいけど、どんな本がお勧めなのか教えてほしい!」

当記事は、そんな方に向けて執筆いたしました!

 

ビットコインや仮想通貨、ブロックチェーンについて名前は知っていても、仕組みや購入の仕方については分かりにくいと感じる方も多いのではないでしょう?

そんな方のためにビットコインの解説された本や、初心者向けに分かりやすく書かれた入門本があります。

当記事では勉強するために入門本から隔月間誌、はたまた小説まであらゆる分野の書籍をご紹介します。みなさまが仮想通貨やブロックチェーンに興味を持ってもらい、好きになってもらえれば幸いです!

※なぜ仮想通貨やブロックチェーンを学ぶのか、それは来るべきWeb3.0時代での出番に備えるためです!!

©ONE PIECE / 尾田栄一郎 / 集英社

 

Contents

仮想通貨を学ぶのに本が良い理由とは

なぜ本で学ぶのが良いのでしょうか。

インターネットで記事を読むより内容が頭に入ってきやすいという理由もありますが、一番の理由は、内容に網羅性があり信頼度が高いことでしょう。

書籍を出版する際には、編集や校閲が入るため、信ぴょう性の高い良質な情報がまとめられるのです!

なお、このWebサイト「クリプトフリプト」は私一人で編集や校閲を行っておりますので書籍よりも信ぴょう性は落ちます…!

怪しい!?と思った方に、まずはこの記事を執筆した私の簡単なプロフィールをご紹介いたします。

【運営主の自己紹介】
・2018年から仮想通貨投資を始めて、2021年には暗号資産交換業者で勤務。
・本業は会社員、兼業で金融メディアを運営。何度倒れても立ち上がるポジティブ男
・国土交通省勤務時代に公文書偽造問題に直面し、BTCに興味を持つ
YOUTUBE”投資の美学 クリプトルパン”も運営し関西弁でしゃべり倒す

【原点】笑っていいとも!ハチャメチャ人生を自己紹介~

なお、当サイトでは暗号資産の購入を推奨しております!

☛国内暗号資産取引所の口座を開設し、暗号資産を購入するなら
暗号資産の売買ができる取引所は、国内外合わせて数十以上あります。

私がメインで利用しているのはGMOコインです。※金融庁のHP記載の「暗号資産交換業者登録一覧」に掲載されている国内の暗号資産取引所。

GMOコイン 出金手数料無料の万能取引所
✔東証一部上場企業の子会社が運営し安心感も高い。
👉無料登録はこちら

 

それではさっそく、書籍を紹介してまいります!

 

こちらのカッコの中に、Amazonなどに記載されている書籍の紹介文を記載しています。

 

まずはここから入門編:仮想通貨の基礎を学ぶ

 

いちばんやさしいブロックチェーンの教本 | 杉井靖典

2017年出版 224ページ

図解もわかりやすい良著です!仮想通貨・ブロックチェーンの仕組みを学ぶならまずはこの一冊がおすすめです!

「ブロックチェーンは難しい」と思っていませんか?
本書は「ブロックチェーン推進協会」の副理事長をつとめるカレンシーポート株式会社の杉井靖典氏が、ブロックチェーンの仕組みや成り立ちを一から丁寧に解説しています。
ブロックチェーンを支える「暗号技術」や「分散ネットワーク」、””価値””の保持者を特定する「ウォレット」、取引を記録する「トランザクション」、契約執行を可能にする「スマートコントラクト」など、難しい概念や機能を、平易な言葉と豊富な図版で解説しているので、これからブロックチェーンを学びたい人が最初に読むのに最適です。

 

 

月間暗号資産(隔月刊誌)

いちばんやさしいブロックチェーンの教本と同時にまず購入をお勧めするのが月間暗号資産です!

初心者でもわかりやすい、最新情報も満載、投資全般が学べる、そんな雑誌。

暗号資産に関する情報は、SNSやインターネットでも知ることができますし、勉強ができます。しかし正しい情報を知り、勉強するためには 国内唯一の暗号資産専門隔月刊誌である月間暗号資産が最適です!

※私もTwitterにて熱くご紹介しております。

新たな世界をリードするには信頼できる情報を!国内唯一の暗号資産専門隔月刊誌。

日々進化するブロックチェーン技術、デジタル通貨、電子マネー、NFT、様々な金融商品の動向にも注視し、コンテンツはさらに深く広く充実。

暗号資産だけでなく、株式投資も学べるため、財テク本としてもよいですね!
私も定期購読中です!
YOUTUBE動画でも魅力を語っています!

月間暗号資産の運営会社は株式会社J-CAM

J-CAM|Japan Change Asset Management |株式会社J-CAM

アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者 | 中島真志

2017年出版 288ページ
ビットコインとは何か、ブロックチェーンの可能性とは。読み応え抜群の哲学書。

ビットコインは「もう終わった」。ブロックチェーンは「世界を変える」。

未来の通貨として注目されるビットコインが最高値を更新し続けていたさなか、
日銀出身の決済システムの第一人者が、「バブル崩壊」をその設計と運用の両面からいち早く予測。
さらに「ビットコイン以後」を見据えて、ゴールドマン・サックスや三菱東京UFJ銀行、そして各国の中央銀行や証券取引所などが、仮想通貨の中核技術「ブロックチェーン」を使って、金融界に大革命を起こしつつある状況を鮮やかに描く。

 

 

仮想通貨のすべてがわかる本 | 高橋諒哲

2018年出版 255ページ

ビットコイン、イーサリアム、リップルといった2017年のバブル時から存在している主要仮想通貨を学ぶには最適の一冊!

ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ……今や1000種類を超えるとも言われる仮想通貨(暗号通貨)。
決済や国際送金、投資でも注目されています。
しかし、仮想通貨の本質をきちんと理解している人はそれほど多くありません。

本書では、仮想通貨やブロックチェーンのしくみや成り立ち、機能などから、仮想通貨を取り巻く法律や税金について、さらにThe DAO事件やNEMの流出事件といったセキュリティ問題や最新動向まで、幅広く解説します。

 

 

 

小説で楽しく学ぶ

ニムロッド | 上田 岳弘

2019年出版 146ページ

第160回芥川賞受賞作!

それでも君はまだ、人間でい続けることができるのか。 あらゆるものが情報化する不穏な社会をどう生きるか。新時代の仮想通貨小説!

仮想通貨をネット空間で「採掘」する僕・中本哲史。
中絶と離婚のトラウマを抱えた外資系証券会社勤務の恋人・田久保紀子。
小説家への夢に挫折した同僚・ニムロッドこと荷室仁。……
やがて僕たちは、個であることをやめ、全能になって世界に溶ける。「すべては取り換え可能であった」という答えを残して。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニムロッド [ 上田 岳弘 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2023/1/11時点)

 

 

架空通貨 | 池井戸潤

2003年出版 472ページ

半沢直樹シリーズで有名な池井戸潤さんも通貨に関する小説を執筆しておりました!

女子高生・麻紀の父が経営する会社が破綻した――。かつて商社マンだった社会科教師の辛島は、その真相を確かめるべく麻紀とともに動き出した。やがて、2人がたどり着いたのは、「円」以上に力を持った闇のカネによって、人や企業、銀行までもが支配された街だった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

架空通貨 (講談社文庫) [ 池井戸 潤 ]
価格:880円(税込、送料無料) (2023/1/11時点)

 

 

特捜投資家 | 永瀬 隼介

2018年出版 384ページ

──気がつけば、忖度独裁国家と化していた日本。
そこには、権力におもねり人を食いものにするフェイクなヤツらがあふれている。
斜陽の新聞社を辞めた泣き虫記者、失敗続きのバリキャリ美女、うだつの上がらない学習塾経営者、そして、地獄から這い上がった孤高の投資家……
崖っぷち4人の逆襲が始まる!
痛快無比の投資エンターテインメント小説が誕生!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

特捜投資家 [ 永瀬 隼介 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2023/1/11時点)

 

 

エンドビギニング | 喜多ばぐじ

2020年出版 293ページ

この作品は仮想通貨と直接関係するわけではありません。

ただし、実は私が出版した本なので紹介させていただきました!

この小説でとりあげた電波は、WEB3.0とも密接に絡み合う…

それって`仮初めの幸せ`?社会人に捧げる、一度終わった男の再生譚。
「事務所に来てくれ」突然の戦力外通告。怪しい企業で働く塁と、泥臭く野球を続ける新藤。数奇な運命を辿る2人の情熱が`ラムダ公国`で交錯。
国策で子供誘拐、死者の復活、国民の体に赤い斑点、シューマン共振。謎の鍵を求めて古代遺跡に潜入した塁たちを、慣習に縛られた原住民が襲う。
アポカリプスの全貌、支配、働く意味とは?世界を救う鍵は、紀元前1200年のギリシャ?青春、冒険、科学、ワクワクが、ここに。

 

 

中級編:仮想通貨を超えて、”通貨”の本質を学ぶ

通貨で読み解く世界経済 | 小林 正宏/中林 伸一

2010年出版 ページ

通貨が経済に与える影響は甚大だ。国家の財政、内外の金融、企業業績、そして人々の生活さえも為替の動向と無縁ではない。世界金融危機以後、不安定さを増した金融システムと経済の動きを精緻に検証し、ドル覇権の行方、ユーロ圏の諸問題、人民元や円の未来を見極める。複雑に絡み合う“通貨”“実体経済”“財政金融政策”の三つ巴を歴史を踏まえて読みほどき、世界経済の持続的成長のためにいま何をなすべきか考える。

 

 

通貨を知れば世界が読める | 浜 矩子

2010年出版 279ページ

通貨が経済に与える影響は甚大だ。国家の財政、内外の金融、企業業績、そして人々の生活さえも為替の動向と無縁ではない。

世界金融危機以後、不安定さを増した金融システムと経済の動きを精緻に検証し、ドル覇権の行方、ユーロ圏の諸問題、人民元や円の未来を見極める。

複雑に絡み合う“通貨”“実体経済”“財政金融政策”の三つ巴を歴史を踏まえて読みほどき、世界経済の持続的成長のためにいま何をなすべきか考える。

 

 

2049年「お金」消滅-貨幣なき世界の歩き方 | 斉藤 賢爾

2019年出版 192ページ

電子マネーにキャッシュレスサービス、仮想通貨(暗号資産)、ブロックチェーン。今フィンテックという言葉のもとに、あらゆる場面の根幹にある「お金」のあり方が変わり始めた。

インターネットと社会の関係を長年研究する著者は、この先「貨幣経済が衰退する可能性は高く、その未来にまったく異なる世界が立ち上がる」と主張する。お金が消えるのと同時に消える職業とは? 変わらず価値を持つものとは? その先で私たちは何を歓びに生きる? この本を手に、混沌たる世界を進め!

 

 

貨幣進化論: 「成長なき時代」の通貨システム | 岩村充

2010年出版 302ページ

格差と貧困、通貨危機、バブル、デフレ、そしてハイパーインフレ…いまの貨幣には何か本質的な欠陥があるのではないか。四千年の経済史から、「右肩上がりの成長を前提としたシステム」の限界に鋭く迫るスリリングな論考。

果たして、マイナス成長時代を生き抜く処方箋はあるのか?日銀を飛び出した異色の経済学者が辿り着いた「貨幣多様化論」。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

貨幣進化論 「成長なき時代」の通貨システム
価格:1540円(税込、送料別) (2023/1/11時点)

 

 

中央銀行が終わる日 | 岩村 充

2016年出版 304ページ

無限に通貨を発行できる中央銀行とビットコインは切っても切れない関係。

日本銀行の「金融政策」はなぜ効かないのか?
「マイナス金利」の死角はどこにあるのか?
「仮想通貨」の台頭はマネーの流れをどう変えるのか?
日本銀行出身の経済学者が、未来を読みとく!

 

 

 

上級編:経済学・量子力学・暗号学 学問の総合格闘技…

自由はどこまで可能か=リバタリアニズム入門 | 森村 進

2001年出版 224ページ

自己所有権とは何か?「自由と国家」を問い直す注目の思想!
裁判は民営化できる、国債は廃止、課税は最小限に、婚姻制度には法は不要――国家の存在意義を問い直し、真に自由な社会を構想する。

 

 

ユートピア | トマス・モア, 平井正穂

1957年出版 257ページ

本書を、単なる理想郷として読むことはできない。五百年を経た今も議論のある宗教への寛容、犯罪と刑罰、尊厳死を含む死の在り方、戦争や戦闘行為の否定と自衛権の容認など解決すべき課題は多い。

表題の「ユートピア」とは「どこにも無い」という意味のトマス・モア(1478‐1535)の造語である。モアが描き出したこの理想国は自由と規律をかねそなえた共和国で、国民は人間の自然な姿を愛し「戦争でえられた名誉ほど不名誉なものはない」と考えている。社会思想史の第一級の古典であるだけでなく、読みものとしても十分に面白い。

 

 

シュレ猫と探索する 量子力学の世界 | 椎木 一夫 (著)

2003年出版 165ページ

 自然現象も、パソコンなどの電子機器も、基礎は量子力学である。その量子力学が発見されて、100年が過ぎようとしている。しかし、人類は量子力学を使いこなしているものの、それが一体何であるかは、誰も知らない。

我々の感覚で直接感じることのできない微視的な世界であるから、それを言葉で記述しようとしても、人類は適切な言葉を持っていないのである。そこで、本書のような解説書がたくさん登場するわけだ。本書は、歴史的なエピソード、観測問題にまつわること、応用技術までの話題を盛り込んでいる。

 

暗号のすべて ユビキタス社会の暗号技術

2002年出版 271ページ

著者 辻井 重男 (共編),岡本 栄司 (共編),井上 伸雄 (編集委員),釜江 尚彦 (編集委員),鶴保 征城 (編集委員)

来たるユビキタス社会では、あらゆるモノにコンピュータが貼り付き、そこでは暗号による認証機能が必須であり、暗号によって真が保証される社会となる。それに備えた、先鋭の暗号研究…

 

 

暗号と認証 (基礎から身につくネットワーク技術シリーズ)

2004年出版 180ページ

基礎から身につくネットワーク技術シリーズ第2弾!ネットワーク・セキュリティの根幹技術暗号と認証のしくみを基本から解説。

 

 

解脱に向けて

ビジネスゲームから自由になる方法 | ロバート・シャインフェルド (著), 本田健 (翻訳)

2013年 269ページ

「ビジネスゲーム」とは、終わりがなく勝者もいないゲーム。ビジネスゲームに参加している限り、事業でどれだけ売り上げを上げようと、会社でどんなに出世しようと、真の「成功」はありません。
では、ビジネスゲームから抜け出すためには、どうしたらいいでしょう?
それにはまず、私たちが体験している現実がどのように創られているかを、知るところから始まります。著者のロバート・シャインフェルドは、読者を冒険の旅に連れ出すような魅力的な筆致で、私たちが信じ込まされてきた「真実」が、どれだけまやかしに満ちているかを見せてくれます。

 

和の国富論 | 藻谷 浩介

2016年 219ページ

企業統治は、「ガバナンス強化」より「家業化」せよ。農林漁業は、「効率化」より、「需要高度化」を目指せ。地方創生は、「雇用」よりも「営業生活権」の確保で。リーダーは、「進学校」より「崩壊学級」で錬成せよ。老後不安は、「特養増設」より「看取り合い」で解消へ。日本国民は、「参勤交代」で都会と田舎を往還せよ。日本経済を再生せる6か条。

「疲弊するだけの競争」から「人間を活かす和力」へ――。なぜ競争しているのに生産性が落ちるのか。なぜ学力を上げてもリーダーが育たないのか。なぜ十分な富があるのに、貧困と格差が広がるのか。どうすれば市場原理と多様性・持続可能性が両立するのか。地域再生の現場で繰り返される対話から、「和力」という鍵概念が浮上する。「脱・競争」のまったく新しい成長戦略。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

和の国富論【電子書籍】[ 藻谷浩介 ]
価格:1056円 (2023/1/11時点)

 

 

ITロードマップ | 野村総合研究所

企画部門系ビジネスパーソン、コンサル、SE・・・。ITをビジネスに活用する企業の経営者や企画部門の担当者、実際にITの開発や運用に携わる実務者。特に自社の技術戦略を検討・策定する企画担当者が年度計画や事業計画の「ネタ本」として使えると感じられる本です。

ロングセラーの定番本。野村総合研究所が、最新IT(情報技術)の動向を継続的に調査し、その結果を広く社会に情報発信した成果をまとめたもの。ターゲット読者が今後の技術戦略を検討・作成する際の指針となり、IT利活用のナビテーションとなる、バイブル的な本と位置づけられます。

野村総研による「ITロードマップ」調査をベースとし、これから情報技術がどう変わるのか、どのようにビジネス、経済、社会に受け入れられて行くのかを予測します。

 

 

はじめての資産運用 | Bコミ(坂本慎太郎)

こちらは仮想通貨に関する書籍ではありませんが、投資に関する知識を網羅的に学べるものとなっております。

現在、無料配布キャンペーン中です!

出版元:一般社団法人マネーアカデミー
投資初心者の方向け 「はじめての資産運用 (Bコミ坂本慎太郎さん 著)」
投資に挑戦する全ての人に読んでほしい 1 冊!

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!

みなさまにとって、気になる書籍が見つかれば幸いです!

 

 

<経済的自由への道草・おすすめサービスのご紹介>

当サイト管理人の資産ポートフォリオの主力は、米国株式と暗号資産です。

 

※株式はSBI証券等で投資を行っております。
SBI証券で 口座開設

 

Ⅰ 暗号資産を売買した場合、損益計算もセットで実践

暗号資産の投資において1年分の売買損益を計算し、20万円以上の利益が出た場合は確定申告をする必要があります。 ※参照 金融庁HP

手作業での計算は非常に時間がかかりますが、確定申告に必要な損益計算を自動で行うソフトGtaxを使用し、作業を大幅に簡略化することも可能です。

👉詳細はこちら(取引件数に応じて、価格が異なります

Gtax

 

 

国内暗号資産取引所の口座を開設し、暗号資産を購入するなら

私がメインで利用しているのは下記です。
※全て金融庁のHP記載の「暗号資産交換業者登録一覧」に掲載されている国内の暗号資産取引所を紹介しております。

主力A GMOコイン 出金手数料無料の万能取引所
✔日本円出金手数料無料、暗号資産送付手数料無料!
✔現物取引可能な暗号資産数が非常に多く、アプリも見やすい。
✔東証一部上場企業の子会社が運営し安心感も高い。
👉無料登録はこちら

主力B bitbank 画面がカッコよくアルトコイントレーダー向け
✔現物取引可能な暗号資産数が多く、板取引がしやすい
✔ 60種のテクニカル分析を利用できるリアルタイムチャート
👉無料登録はこちら

bitbank(ビットバンク)

 

Ⅲ 人生において時間を大切にしたい、レンディングでほったらかし投資

当サイトビジョンにも記載しているように、短期売買ではなく投資にかける時間を短くして楽しみながら長期で資産を運用することを推奨しています。

【理念】資産形成のコツは、程よい距離感を保って投資を楽しむこと

日常生活が多忙で細かなトレード・売買をしたくない方に向けてはレンディングサービスをご紹介しております。分別管理の適用範囲外のためリスクはあります。

なお私は、保有している暗号資産(ビットコイン、イーサリアム )をレンディング事業者に預けて、ほったらかしで複利運用を行っています。

👉私が利用しているBitLendingのサービスの詳細はこちら

BitLending

※ここまでアフェリエイト案件をご紹介しました。
なお、当サイトの案件の取り扱い方針は以下となります。

【理念】当メディアがアフェリエイト案件をご紹介する意味

Ⅳ 投資の種銭が少ない!という方は副業(ブログ等)で、総収入を底上げ

私の本業は会社員ですが、副業に取り組み、投資の種銭確保を目指しています!
副業では自分が得意・好きな分野で発信し、収益化を目指すことができます。

※当サイトはGMOグループの“お名前.com”で独自ドメインを取得しXサーバーで運用中。”お名前.comドメイン”を取得する際には「Whois情報の公開代理を利用する」にチェックを!

 

Ⅴ 最後に

当サイト”クリプト≒フリプト”では、投資を楽しんで続けるための豊富な情報を発信しております。以下より、興味のある記事を探してみてください!

時短投資術:分析との決別!投資に費やす時間を減らすためのルールを確立
投資閃略(クリプト):リスクの高い暗号資産投資で利益を上げるための厳選情報
法定通貨:FIATの歴史や役割を学び、お金と幸せの関係を探る
投資の心絵:投資をする際の心構えやメンタル管理術

 

なお当サイト以外にも運営しているブログやYOUTUBEなどがあります。
ご興味がありましたらぜひご覧ください!

【YOUTUBE・投資の美学クリプトルパン】関西弁で楽しくわかりやすく発信!
【徒然道草】おもしろくなき世をおもしろく~心行くまで人生を堪能する
【俺たちバグジー親衛隊】エルチー32丁!電車でオッサンにタコ殴られ!高校生の青春劇
【道楽舎】道草を楽しめ-人生を謳歌し自分にしか出せない価値を生み出す
【LINE スタンプの販売】STEPNお散歩、道中楽しむ、光秀謀叛やめた etc

 

【運営主の自己紹介】
・人を笑わせたい陽気な道楽家。探偵ナイトスクープにも出演。1993年生まれ
・本業は会社員、兼業で金融メディアを運営。何度倒れても立ち上がるポジティブ男
・国土交通省勤務時代に公文書偽造問題に直面し、BTCに興味を持つ
YOUTUBE”投資の美学 クリプトルパン”も運営し関西弁でしゃべり倒す
・暗号資産交換業者で勤務し専門性が少し高い。ほったらかし投資を実践

当サイトは利益を狙う情報に加えて、投資の面白さや楽しさを追求しております。
下記に記載した私の生い立ちからそのような運営方針となりました!

【原点】笑っていいとも!ハチャメチャ人生を自己紹介~

【ブログランキングにも参加中】当サイトを応援していただける方は、クリックのほどお願いいたします!みなさまのエールが記事作成の励みになります!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

 

経済安全保障を確保し、経済的自由の獲得と自由な人生を目指す読者の方々を応援するため、当サイトを真摯に運営してまいります!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です