【投資家必見】ビットコインBTC半減期を理解しよう!過去の価格推移とは

オリンピックより少し早い周期でやって来る…
ビットコイン BTCの半減期。

そのあと、ビットコインの価格がどのように動くのか、投資家のみなさんは興味津々ですよね。

2024年4月21日前後に迫るビットコインの半減期は、仮想通貨市場における待ち遠しいイベントのひとつです。

半減期とは、ビットコインのマイニング報酬が約4年ごと(21万ブロックごと)に半分になることです。

半減期には重要な意味があります。ビットコインは、発行量に上限があり、その上限に達すると新しいビットコインは採掘されません。
半減期は、この上限に向けてスムーズに調整を行うための手段なのです。

「ビットコインの価値を高める希少性を引き出すイベント」と捉える人もいれば、
「投機筋が価格を煽る口実として利用されるだけの技術的な修正」とする人もいます。

この記事では、半減期の背景や意味、過去の価格動向、そして半減期前後の市場の動きについて掘り下げます。

そもそも半減期とは?
半減期でどのように動くの?
半減期前後はどうすればよい?

半減期の意味や背景を理解することで、市場の動向を予測し、長期投資を行うことができます。

未来に向けての投資戦略を考える上で、貴重なヒントが得られるかもしれません…!

※筆者は、ビットコインとイーサリアムを中心に暗号資産投資を行っています。
ビットコインは、10以上の取引所やレンディングサービスなどに分散して預けています。

筆者の自己紹介☺
・2018年から暗号資産(仮想通貨)投資開始。2021年は暗号資産交換業者で勤務。
・本業は会社員、兼業で金融メディア運営。令和の虎 、探偵ナイトスクープ出演。
・国土交通省での勤務時代に公文書偽造問題に直面し、BTCに興味を持つ
・資格:宅地建物取引主任者(合格)、FP3級、簿記3級等
YOUTUBE”投資の美学”“ちゃんねるトッシー”運営。詳細はlit.link自己紹介記事。X(Twitter)

※記事では投資に関するサービスをPRします。レンディング(BitLending,Nexo) 取引所(GMOコイン)等

 

半減期とは?2100万枚の発行上限

そもそもビットコインとはなんでしょうか!?

2024年にBTC現物ETFが承認されるまでは、実態のない無価値なもの、電子ゴミと言われることもありました。

ビットコインは、デジタルデータによって存在するお金の一種(暗号資産)です。
インターネット上で取引や通貨発行が行われる分散型暗号資産と言われており、発行主体が存在しない世界初の分散型通貨です。

その土台となるのが、ブロックチェーンと呼ばれる分散型台帳技術です。

ブロックチェーン技術は、「ブロック」と呼ばれる情報記録を生み出し、「マイニング(採掘)」を通じて台帳に書き加える作業を指します。

ビットコインではおよそ10分に1度、新しいブロックが生成されます。

マイニングとは、ビットコイン取引の正当性を検証し、承認する作業です。
マイナー(採掘者)はコンピューターを使って複雑で難解な数式を解き、新しいブロックを追加することによって、その報酬として新しいビットコインを得ることができます。

これは、美術品の鑑定士が絵画の真贋を確認するのに似ています。

 

©HUNTER×HUNTER / 冨樫義博 / 集英社

 

正確かつ迅速に作業を行った人には、報酬としてビットコインが支払われます。

※初期のビットコインのマイニングは、個人が行うことが一般的でしたが、ビジネス化されるにつれ、法人が参入し、膨大なリソースを投じて行われるようになりました。

 

そして、この技術を変更し、新しいビットコインを得る報酬が半分になっていく仕組みが、半減期というイベントなのです。

重要な点として、半減期によって保有しているビットコインの数量が減少するのではなく、新規に発行されるビットコインの数量が減少することを理解しておく必要があります。

2012年、2016年、2020年と約4年(21万ブロック)ごとに行われています。

そして半減期にはこの報酬のビットコインが半分に減るため、採掘作業の収益性が下がり、新しいビットコインが採掘されるペースも鈍化します。

2020年は5月に実施され、マイナー(ビットコインを採掘する人)が報酬としてもらえるビットコインは「12.5枚」から「6.25枚」に減少しました。

2024年4月に訪れる半減期で、報酬は「6.25枚」から「3.125枚」となります。

 

ビットコインの新規発行量・供給量が減少することも原因となったのか、
これまでの3回の半減期では、半減期後の1年-1年半にわたりビットコインの価格が上昇しました。

そもそもビットコインはなぜこのような技術調整が設定されているのでしょうか。

 

それは、”ナカモト・サトシと称する謎の創始者”によって、ビットコインは発行上限が2,100万枚となるプログラムコードが埋め込まれているからです。

ビットコインとサトシナカモト 金融と哲学が融合した革命物語

ビットコインのコードには、一定期間ごとに新規流通速度が半分になるという仕組みが組み込まれ、2100万枚の発行上限まで発行が続けられます。

なお、2024年4月11日時点のビットコイン流通枚数は約1,968万枚です。

この発行上限が設定されたのは、ビットコインの価値を安定させるためです。
そもそもビットコインは、リーマンショック時の銀行対応のアンチテーゼとして生み出されました。

そのため、通常の通貨が政府や中央銀行によって管理されるのとは異なり、ビットコインは分散型のシステムで運営されているのです。

この仕組みにより、ビットコインはインフレーション(通貨の価値の減少)のリスクから保護され、希少性が高まります。

そして、半減期ごとに新しいビットコインが半分ずつ発行されることで、ビットコインの供給量が制限され、需要と供給のバランスが保たれることになっています。

こちらの記事でわかりやすく解説しました。
宝石で例えると理解しやすいです!

世界一わかりやすいビットコインの仕組み~宝石でたとえるBTC入門

 

半減期:価格と供給のバランスを保つ仕組み

半減期がやってくると、マイナー(採掘者)の報酬が半分になります。
実質、マイナーにとっては給料が半分になるということです。

また、半減期は4年に1度ではなく、およそ21万ブロック生成ごとに訪れます。

採掘速度(ハッシュレート)の高まりによって前倒しになりつつある点に注意しましょう!
この周期に従って、新規ビットコインの発行量が調整されます。

この制度はどうして導入されたのでしょうか?
また、どのような影響があるのでしょうか。

・供給のコントロールによって価格の下落を防ぐため
ビットコインは、始まったときから需要と供給をバランスさせるように設計されています。
そのため、半減期という制度が存在します。

この制度によって、ビットコインの供給量が事前に制限され、価値の減少を防ぐことができるのです。

2020年の半減期では、ブロック報酬12.5→6.25への減少となりました。

 

© https://www.blockchain.com/

 

2024年は6.25→3.125への減少となります。

2024年では、
ブロック 839,999 を採掘するマイナーは、6.25 BTC のブロック報酬を得ます。
ブロック 840,000 を採掘するマイナーは、3.125 BTC のブロック報酬を得ます。
これが半減期です。

・新規供給の減少
半減期が進むにつれて、新規供給は急速に減少しています。
2024年4月に3.125BTCの新規発行量になると、インフレ率はわずか1%以下になります。

これは各国の法定通貨の中央銀行が目指す2%の誘導インフレ率よりも低い値になります。

ビットコインの供給は2140年にゼロになると予測されています。このような希少性が、ビットコインの価値を高める要因となっています。

また、供給が制限されることで、ビットコインはより貴重な資産として認識され、需要が高まります。

半減期は、ビットコインの価格と供給のバランスを保つ重要な仕組みであり、その影響は長期的なビットコインの価値に大きく影響します。

・希少性の高まり
2009年から2012年初期は1回の採掘で50枚でしたが、半減期を重ねるにつれて、この数は減り、2024年4月には1/10以下の1回の採掘で3.125枚となっています。

このような状況下で、ビットコインの希少性が高まります。
新規に発行されるビットコインの量が減少する一方で、需要は増加しているためです。

 

過去の価格変動を考える

・半減期前の価格変動
ビットコインの価格は半減期前に下落する傾向があります。
これは「プレハルビングリトレース(危険地帯)」と呼ばれています。

例えば、2020年の半減期前には価格が20%下落し、2016年には下落率が40%に達しました。

・過去の半減期後の価格推移
過去3回の半減期では、半減期後半年後に価格が上昇しています。しかし、単純に過去の傾向をそのまま適用することはできません。

ビットコインの価格は需要と供給のバランスによって決まるため、世界情勢や株式市場、為替市場などの要素も考慮する必要があります。

〇過去の価格変動
ビットコインの誕生から始まり、過去の価格変動は以下の通りです。

2009年: 0円程度
数ヶ月後: 1BTC=約0.07円
2011年 ピザと交換する初の決済:
1BTC=約0.2円
2016年: 1BTC=約6万円
2018年: 1BTC=約200万円台
2019年: 200万円台→30万円台
2021年: 1BTC=約730万円(過去最高額)
2022-23年: 停滞期 約300万円以下まで下落
2024年 4月時点で約1000万円

ETF承認と価格変動
2024年1月に米国ビットコインのETFが申請され、価格は600万円台まで上昇しました。

投資家必見!ビットコインETFが承認!焦点はBTCとETH、イーサリアムに

・半減期後の価格予測
半減期後の価格は現在の乱高下を繰り返しながら、高値更新を目指すのではないでしょうか?
あくまで予想ですので投資は自己責任でお願いいたします。

 

※こちらの記事で仮想通貨・暗号資産の格付け表を作成しました!

[仮想通貨 格付け表作成]アルトコインからビットコイン関連銘柄まで

 

 

注意点 過去の半減期と2024年の違い

2024年のビットコインの半減期は、これまでとは異なる点があります。2024年1月にビットコイン現物ETFが承認されたことが挙げられます。

この承認により、ビットコインの価格は急上昇し、執筆時点の2024年4月11日現在、1,000万円を超えています。

現物ETFにはこれからも資金が流入していくことが予想されており、半減期後にビットコインの希少価値が高まることを踏まえると、供給に比べて需要の方が大きく上回ると予想する専門家もいます。

ここではいくつかの異なる影響をまとめました。

・過去の半減期と比較して、採掘量の減少幅が小さい点
2024年は6.25BTCから3.125BTCへの減少です。
供給に比べて需要が上回ると予想される状況ではありますが、採掘量の減少が小さいことから、価格への影響は従来よりも小さくなる可能性があります。

・ビットコインETFの承認など、他の要因も考慮する必要
ビットコインETFの日毎の流入額が増加すれば、売り圧が減少し、ビットコインの市場構造に良い影響を与えると予測されます。
ただし逆に売却によって、BTCの売り圧につながります。

 

まとめ

ここまで半減期について記載してきましたが、半減期がビットコイン価格の上昇につながったという確かな証拠はありません。

多くの有名投資家やアナリストが、ビットコインの上昇を期待しています。
ロバート・キヨサキ氏やキャシー・ウッド氏をはじめとする著名人によると、ビットコイン価格が100万ドル(約1.5億円)まで上昇するという予測もあります。

ただしこれはあくまで予測です!

将来の価格変動は予測が困難であり、ビットコインに投資する際は慎重な行動が必要です。
ただ私は、下記記事に書いたように
ビットコインの枚数を淡々と増やすことを行っています。

ビットコインを購入し保有する理由と売却を考えないガチホ論~デジタルゴールド

ビットコイン運用を考える際、レンディングは初心者にもおすすめの方法です。

レンディングとは、保有している暗号資産(仮想通貨)を預けて利息を得る仕組みです。

 

仮想通貨 レンディングサービス ビットレンディングの詳細とは ビットコインを貸そう

仮想通貨 レンディングサービス ビットレンディングの詳細とは ビットコインを貸そう

BitLending
自分で売買を繰り返すトレード的な作業は必要ありません。

預けた後は満了を待つだけで、簡単に運用できます。

レンディングのメリット
・初心者に向いている: 運用の知識が必要なく、一度預けたら満了まで放っておけるので、初心者向けです。
・高金利: 銀行の定期預金金利よりも高い金利が魅力です。

レンディングのデメリット
・価格急落による損失: ビットコイン価格の急落により、元本が減少する可能性があります。
・返金リスク: レンディングは無担保契約のため、サービスが破綻した場合、元本が返金されないリスクがあります。

私は現在、8%という国内最高水準の金利水準のビットレンディングにビットコインを預けております。

あくまでも自己責任ではありますが、興味がある方はぜひご覧ください。

BitLending

 

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!

当記事はPR・アフィリエイトを含みます。投資に関わる情報のご活用は、事実の正確性も含めて、自己判断、自己責任でお願いいたします。  「当サイトの案件の取り扱い方針」

<経済的自由への道草・おすすめサービスのご紹介>

レンディングで放置投資~人生において時間を大切にしたい!
当サイトは、短期売買ではなく投資にかける時間を短くする長期の資産運用を推奨しています。その一つの候補としてレンディングの利用があります。

〇メリット :利息がもらえて複利で増える。トレードに時間を使わない
×デメリット:分別管理対象外のため破綻リスクあり。貸出元本下落リスク

私は保有している暗号資産(BTC・ETH )をレンディング事業者BitLendingNexo、HashHubレンディング、fuelhashなどに預けて、ほったらかしで複利運用を行っています。

👉Nexoの口座開設・詳細はこちら

Nexo:ビットコインなどの暗号資産を購入、交換、保管するためのプラットフォーム
ロンドン拠点、2019年サービス開始。資産管理保険も充実
BTC ETH SOL BNB XRP など主要通貨 + USDT USDC などステーブルコインを運用可能

👉BitLendingの口座開設・詳細はこちら
BitLending
BitLending:暗号資産レンディングプラットフォーム 🌐㈱J-CAM
東京拠点、2020年サービス開示。四半期ごとに運用レポート開示
仮想通貨3種類BTC ETH XRP+ステーブルコイン3種類 USDT USDC DAI

 

✅暗号資産を売買した場合、損益計算もセットで実践 Gtax

暗号資産の投資において1年分の売買損益を計算し、20万円以上の利益が出た場合は確定申告をする必要があります。 ※参照 金融庁HP
手作業での計算は非常に時間がかかりますが、確定申告に必要な損益計算を自動で行うソフトGtaxを使用し、作業を大幅に簡略化することも可能です。

👉損益計算ソフト Gtax ジータックス詳細はこちら(取引件数に応じて価格が異なります
Gtax

 

✅筆者の自己紹介を簡単にいたします。
・投資歴:2016年から株式、2018年か暗号資産(仮想通貨)投資を開始
・経歴:国土交通省→金地金流通協会企業→暗号資産交換業者→建設業(現役)
交換業者勤務歴を活かした着眼点
・投資スタンス:BTC ETH SOLなど時価総額が多い銘柄を長期で複利運用

 

Ⅰ 投資の道草を楽しみながら、資産防衛・経済的自由の獲得を目指す
「銀行預金だけでは資産価値が減る…」不換紙幣である法定通貨の価値が不安定な時代では、投資を学んで自分の資産を守る”経済安全保障”が必要不可欠です。

大事な資産を守り、経済的に豊かになるために、様々な資産クラスに投資を分散させて、リスクを抑えた資産運用を目指したいものです。

当サイトは株式会社Free Life Consultinggが提供する投資教育・金融サービスも紹介しております。
バフェット 投資の達人になる投資講座 オンライン講座視聴プロモーション

 

Ⅱ 暗号資産(仮想通貨) の保有をお勧め
数多ある暗号資産の中でも、私が保有を推奨しているのは主に3種類です。

・国家の法定通貨としても使用され、米国で現物ETFが承認  ビットコイン BTC
・NFTの売買等、実利用が進み、米国で現物ETFが承認 イーサリアム ETH
・米ドルと連動した価値が担保される  ステーブルコイン USDT USDC

しかし暗号資産は値動きが比較的大きいためまずは資産の1%以下等の少額保有がお勧めです。

Ⅲ まだ暗号資産を保有していないけど、購入を検討されている方へ

☛暗号資産の売買ができる取引所は、国内外合わせて数十以上あります。

暗号資産の購入は、下記、金融庁HP記載の「暗号資産交換業者登録一覧」を推奨いたします。
法令で分別管理規程が適用されており、万一事業者が破綻した場合でも顧客資産の保全を定めています。

GMOコイン 出金手数料無料の万能取引所
✔日本円出金手数料無料、暗号資産送付手数料無料!
✔現物取引可能な暗号資産数が非常に多く、アプリも見やすい。
✔東証一部上場企業の子会社が運営し安心感も高い。
👉無料登録はこちら

BITPOINT 紹介コード:TUKIKAFQMF 適宜開設キャンペーン実施中
✔ETH、SOL、ADA、TRXなどのステーキング利率が高い
✔DEP、OSHIなどゲーム・NFT系銘柄の取り扱いが多い
✔暗号資産出金手数料無料
👉無料登録はこちら
BITPOINT

bitbank 画面がカッコよくアルトコイントレーダー向け
✔現物取引可能な暗号資産が多く板取引がしやすい。セレス・ミクシイが出資
✔ 60種のテクニカル分析を利用できるリアルタイムチャート
👉無料登録はこちらbitbank(ビットバンク)

OKCOINJAPAN グローバル取引所が日本に進出
✔無料口座開設でBTC1000円分がもらえる!
✔レイヤー1銘柄に強くステーキングも豊富
✔SUI APT SOL ASTRを取り扱っており、SOLもステーキング可能。
👉無料登録はこちら

bitFlyer 口座開設でBTC1500円分もらえる  招待コード pg33tdes
✔ビットコインをもらうサービスあり。楽天市場や旅行の利用でBTCがもらえる

Coincheck
✔マネックス証券傘下、スマホアプリがわかりやすい◎、BTCのみ保有するなら◎

✅証券会社:SBI証券
ビットコイン関連銘柄の購入は証券会社のNISA枠で。
✔BTC爆買い企業MSTR マイクロストラテジー
✔ETFのカストディアンである取引所・コインベース
✔RIOT MARA CLSK CIFR などBTCマイニング株
SBI証券で 口座開設

 

👉投資の種銭が少ない!という方は副業(ブログ等)で、総収入を底上げ

私の本業は会社員ですが、副業に取り組み、投資の種銭確保を目指しています!
副業では自分が得意・好きな分野で発信し、収益化を目指すことができます。

※当サイトはGMOグループの“お名前.com”で独自ドメインを取得しXサーバーで運用中。”お名前.comドメイン”を取得する際には「Whois情報の公開代理を利用する」にチェックを!

また、当サイトは提携先・一般社団法人マネーアカデミー様の書籍無料プレゼントキャンペーンを紹介しております。
①投資初心者の方向け 「はじめての資産運用 (Bコミ坂本慎太郎さん 著)」
②FIRE 経済的自由を目指す方へ「ウォーレン・バフェットの投資術(柏木悠介さん 著)」

 

👉最後に

当サイト”クリプト≒フリプト”では、投資を楽しんで続けるための豊富な情報を発信しております。以下より、興味のある記事を探してみてください!

①投資戦略:暗号資産投資で利益を上げるため
②心絵:暗号資産投資を楽しく続けるコツとは
③投資教育:投資に費やす時間を減らすルールを確立
④投資情報:用語解説,リスク管理,規制当局,納税対策,時事,ビットコイン探求,アルトコイン検証
⑤株式⑥法定通貨,貴金属等

 

【姉妹サイトのご紹介】

✅YOUTUBE ちゃんねるトッシー 令和の虎出演
✅YOUTUBE
投資の美学 ⚔ クリプトルパン ~仮想通貨を中心に耳より情報発信

✅YOUTUBE 徒然道草 道中を楽しむ ~当ブログの音声解説や楽曲を発信する道楽

雑記ブログ 徒然道草 「さすがに草」俺バグの著者が運営する、おもしろくなき世をおもしろく-心行くまで人生を堪能する-ためのブログ!サブカルから名言まで幅広く。
✅エッセイ小説 俺たちバグジー親衛隊 ~金曜の夜にふっと笑えるコメディを。
常識をぶち壊せ。高校生たちのドタバタコメディ活劇。全力で生きて人生楽しめ!

✅小説 エンドビギニング ~2020年発売の電子書籍 支配と幸せの謎
✅コミュニティ 道楽舎 ~人生を謳歌し自分にしか出せない価値を生み出す
✅道楽創造党 日本の未来を切り開く公約と方針を発表します! 

 

【お知らせ】

✅お名前ドットコムでブログ副業 ~当ブログはGMOグループの“お名前.com”で独自ドメインを取得しXサーバーで運用しております!
✅LINEスタンプを販売してます! ちゃんねるトッシー/光秀謀叛やめたってよ/STEPN/健康第一

 

【ブログランキングにも参加中】当サイトを応援していただける方は、クリックのほどお願いいたします!みなさまのエールが記事作成の励みになります!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村
仮想通貨ランキング

経済安全保障を確保し、経済的自由の獲得と自由な人生を目指す読者の方々を応援するため、当サイトを真摯に運営してまいります!あくまで私の意見・目線ですので、”こういう風にみているんだ”くらいの捉え方でお願いいたします!

※記事には投資アドバイスや推奨は含まれていません。すべての投資と取引の動きにはリスクが伴うため、読者は投資判断を下す際に各自で調査を行ってください。また、仮想通貨市場は予測不可能であり、投資は自己責任で行ってください。

BitLending

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です