気まぐれな仮想通貨相場の大底はどこだ? / ダイアリー 22/11/11

壊すべきこの世の中と、それとなくうまくやれてる。
気まぐれなヒットチャートよ、ご機嫌いかがですか?
 ©♪ ポルノグラフィティ / ダイアリー 00/08/26

 

⌚この記事は3分で読めます⌚
<仮想通貨投資・中級者向け>

※本日はエッセイ風です!

 

【当サイトでお伝えする投資戦略】

当記事は、③の「閑散期に仕込む方法」の詳細です!

【当サイトが実行するほったらかし投資術】
① 暗号資産・日本円出金手数料無料のGMOコインで、ビットコインやイーサリアムという時価総額の大きい暗号資産か、米ドル連動のステーブルコイン ダイ を購入


② レンディングサービス BitLendingにて暗号資産を貸し出して、高金利で複利運用!
BitLending

③閑散期に仕込んで、約4年に1度の周期で訪れる半減期バブル期に利益確定売り。

詳細は当ブログや、YOUTUBEチャンネル 投資の美学にて紹介しております!

【自己紹介・プロフィール】
年 齢 1993年生まれ お仕事 会社員 兼業でYouTube、ブログ、小説執筆
投 資 暗号資産、米国株  英雄像 曹操孟徳:治世の能臣、乱世の奸雄
目 標 暗号資産に関する原作小説を映画化。そして大ヒット。

 

今日は2022年11月11日。相場の乱高下が半端ではありません。

多くの仮想通貨投資家の方々もお困りなのではないでしょうか。

9日、FTXの騒動で仮想通貨が20~40%暴落したかと思えば、

10日はCPI発表で20~40%の大暴騰。

私もYOUTUBEにて、どないなってるねん!とつっこみたくなるほどでした(笑)

 

FRBの利上げによる過度な警戒感が後退し、株式市場と同様、暗号資産市場にとっても追い風が吹くのでしょうか。

それとも、依然として先行きが見えない海外取引所FTXの動向によって、またもや下落が始まるのでしょうか。

当記事では、2018年から仮想通貨相場に居座っている私が、2018年のバブル崩壊や2020年のころなしょっくを踏まえながら、今の雰囲気や今後の動向を予想してみます。

 

結論として、私は2022年11月~12月にかけてもう一段下落があり

23年から相場が戻ってくると予想しています。

 

その理由は過去7年の投資経験の感覚です。

それではもう一段、具体的にはBTC13000-15000ドルまで下がると思う理由を記していきます。

※当記事はこちらの記事の続編になります。

【22年11月版】ビットコインは底打ち? 24年バブルに向けて23年までは買いたい / 仮想通貨

 

 

まだまだ「吐き気」がしない

 

アバウトで申し訳ないのですが、まだ「吐き気がしない」んです。

 

特にクリプトの冬である2018年から19年、そして20年のコロナショックの時は、もうチャートをみたくもない、Twitterもみたくない、会社に行く気も起こらないほどの絶望的な暴落でした。笑

 

あれはまさに世界の終わり(ドラゲナイトドラゲナイト)のような気持ちであり、SNSにおいても悲鳴さえ減るくらいみなさんの反応が減っていたんです。

 

でも今はそこまでではないと言いますか。

私自身も吐き気がしていないだけでなく、TwitterやSNSはまだ恐怖が足らない気がしています。

 

まだみんなちょっと元気が残ってるんです。

ポケモンで言うなら戦闘不能ではない、と。

 

多くの人が心のどこかで

「今回の暴落はきつかったなー。けどもう十分暴落したからそろそろ底打ち」と思っているうちは、まだ警戒しておいたほうがいいのかなと。

 

参考指標:恐怖強欲指数 Crypto Fear & Greed Index

 

 

確証バイアスがかかりすぎ?

 

11月11日(金)、株式市場は歴史的な反発を見せました。

しかし反発もあくまでもCPIが思ったより低いだけの話です。

 

まだ利上げが止まるというわけでもありませんよね。

 

これはもしかしてもしかすると、フライングゲットってやつです(笑)

ましてや利下げに転じるなんていうのは2024年くらいではと思っています。

 

参照資料:米国債券10年 年利回り 楽天証券

 

それにしては反発しすぎでは?(笑)

心理学でいうならば確証バイアスがかかっていて、価格上昇に都合のいい指標にだけ過敏に反応しているように見えます。

 

CPIは思ったより下がってけど、利上げはもっと続けますとなれば、また相場は下がってくる可能性があります。

 

爆弾ありすぎ問題。USDT BlockFi FTX…

 

暗号資産(仮想通貨)取引所やステーブルコインの信用不安も全く解決していません。

FTX破綻回避のため、サムさんことアフロさんが動いているそうですが、どうなることやら。

※FTX騒動は前回の記事にて

【暗号資産】バイナンスのFTX買収騒動を解説。今後の業界再編の動きを予想

そして、レンディング事業者のBlock Fiも出金停止。

11月10日の夜にはUSDTのペッグが外れていました。

あれはひやひやしましたね(笑)

 

USTに続いてUSDTも崩壊となれば、ステーブルコインの信頼が地に落ちます。

それでなくとも2022年はステーブルコインの時価総額比率がやけに膨らんでいることもあり、「ステーブルコインってほんまに大丈夫?」という不安が募っています。

ステーブルコインを制するものは人生を制す / 暗号資産投資のいろは

 

一度崩れた信用崩壊のドミノが進み始めたら。

ビットコイン BTC10000-13000ドル?いや、8000ドルなんてことも十分にあるかもしれません。

ちなみに私は1万ドルを割ったら、自分の車を売ってでも買い増ししようと思っています。

 

反発の強さはMATICだが安心感はBTC一択

 

暴落相場の中でも反発が速く強い銘柄は次のバブル時の主役になると予想しています。

2022年11月の暴落相場でも反発が良いのはMATICです。

 

 

熱狂的なファンが多いLUNCも地味に強いです。

 

 

ETHも強いですね。

 

ウルトラサウンドマネーでみたのですが、ETHは新規発行量が減少していました。

 

次のバブルではまさかのフリッピング(BTCを追い越して時価総額1位へ)もある?と期待しています。

 

FTXがこけそうなこともありSOLは厳しい状況です…反発できるか。

 

ただ、LUNA、SOLとここ半年で時価総額トップ10の通貨が儚くも崩壊していることもあり、やはりある程度安心できるのは、ほぼBTC一択かな、と。

 

ETHはイーサリアム財団

BNBはバイナンス

XRPはリップル社

本当の意味で暗号資産の理念である分散化を実現しているのはBTCくらいですかね。

 

という形で本日はつらつらと相場について記しました!最後までご覧いただきありがとうございます。

厳しい相場ではありますが…

みなさまも余剰資金の範囲内で、ゆとりのある投資生活をお楽しみください!

私は余剰資金でコツコツと、ビットコインとイーサリアムメインで買い増してレンディングサービスに預けます!

 

【インタビュー】BitLendingとは?資産形成は最高貸借料の暗号資産レンディングサービスで

 

【クリプト≒フリプト 真の通貨を盗め//】

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!

※当サイトはお名前.comにて、独自ドメインを取得して運営しております。

 

当サイトは資産防衛・経済的自由の獲得を軸とした情報発信を行っています。

法定通貨(FIAT)の価値が減る現代では、投資の知識を学んで自分の資産を守る”経済安全保障”が必要不可欠です。

「銀行預金だけではいつのまにか資産価値が減っている…」

不換紙幣である法定通貨の価値が不安定な時代では、自身の資産を分散させることを推奨しています。(現金(日本円)・株式・債券・貴金属・暗号資産(仮想通貨)等)

大事な資産を守り、かつ、経済的に豊かになるためには、現金以外の資産クラスに投資を行って資産自身に増えてもらうことが必須です。

 

Ⅱ 主にクリプト・暗号資産の保有をお勧めさせていただいております。

数多ある暗号資産の中でも、私が保有を推奨しているのは主に3種類です。

・国家の法定通貨としても使用されている   ビットコイン BTC

・NFTの売買等、実利用が進み環境にやさしい イーサリアム ETH

・米ドルと連動した価値が担保される仕組み  ステーブルコイン USDC DAI USDT

また暗号資産は値動きが激しいため、まずは資産の1%といった少額からの保有がお勧めです。

 

Ⅲ 今はまだ暗号資産を保有していないけど、購入を検討されている方へ

<国内暗号資産取引所の口座を開設し、暗号資産を購入>

暗号資産の売買ができる取引所は、国内外合わせて数十以上あります。

私は自身で20以上の口座を保有しておりますが、メインで利用しているのは下記の2つです。

A 国内暗号資産取引所 GMOコイン

✔日本円出金手数料無料、暗号資産送付手数料無料!

✔現物取引可能な暗号資産数NO.1

✔東証一部上場企業の子会社が運営し安心感も高い。

👉無料登録はこちら

 

A 国内暗号資産取引所 bitbank

✔現物取引可能な暗号資産数が多く、板取引がしやすい

👉無料登録はこちら

bitbank(ビットバンク)

B バイナンス(後述)

 

Ⅳ 人生において時間を大切にしたい、細かなトレード・売買をしたくない方向け

私は趣味が多く、当サイト以外にも運営しているブログやYOUTUBEがあります。

【道楽舎】道草を楽しめ-人生を謳歌し自分にしか出せない価値を生み出す

【徒然道草】おもしろくなき世をおもしろく~心行くまで人生を堪能する

【俺たちバグジー親衛隊】エルチー32丁!電車でオッサンにタコ殴られ!高校生の青春劇

【投資の美学】クリプトルパン ブログの内容などを中心に仮想通貨情報を発信!

【LINE スタンプの販売】STEPNお散歩、道中楽しむ、光秀謀叛やめた etc

 

そのため、暗号資産の売買に多くの時間を使うことができません。

そこで私は、保有している暗号資産

 (ビットコイン、イーサリアム、ステーブルコイン DAI、USDC、USDTなど)

をレンディングサービスに預けて、ほったらかしで複利運用を行っています。

👉無料登録はこちら

 

BitLending

時短投資術やレンディングサービスの詳細は下記の記事にて、ご確認ください。

Ⅴ 時間は節約しなくていいから、もっと稼ぎたい方へ

 

「もっと利益を出したい!国内取引所では銘柄数が少なく、物足りない!」

「仮想通貨の荒々しい値動きにも慣れたし、アルトコインの売買がしたい!」

 

そんな熱い方向けには、海外暗号資産取引所を推奨いたします。

【国内取引所+海外取引所】の2刀流は、様々なメリットがあります。国内取引所のみだと取扱い銘柄が少なく、売買したい暗号資産を入手できません。かといって、海外取引所のみですと、日本円を暗号資産に交換する時に高い手数料が発生してしまうことが多いからです。

ただし、海外取引所は金融庁からの認可を得ておりません。金融庁からの規制が入る可能性があるためリスクヘッジとして資産の一部のみの利用が良いでしょう。

私は海外取引所には総資産の10%以下にとどめるようにしています。

私が使っているのは主に下記2つです。

■Binance(バイナンス)世界最大の仮想通貨取引所

✔現物売買可能なアルトコインの種類が豊富!

✔高利率なステーキング、セービング、新コインのファーミングなど機能多数。

単純に使いやすいことに加えて、税金計算のための帳簿出力機能も整っています。

👉無料登録はこちら

 

■MEXC 取引所 新進気鋭のダークホース

👉無料登録はこちら

話題のLUNCやLUNAも売買可能でUIもわかりやすく、定期的にエアドロップもあります。

 

※おすすめしない取引所はbybitです。私も一時期使っていましたが、帳簿出力が完全ではないため、税金計算が難しいです。

 

なお、GMOコインBITPOINTは暗号資産の送付手数料が無料です。

これらの取引所からBTC・ETH・XRPをBINANCE(バイナンス)に送付し、そこからアルトコイン売買を始めることをお勧めいたします。

 

Ⅵ そもそも投資の種銭が少ない!という方は副業(ブログ等)で、総収入を底上げしましょう!

私の本業は会社員ですが、副業に取り組み、投資の種銭確保を目指しています!

副業では自分が得意・好きな分野で発信し、収益化を目指すことができます。

当サイトはGMOグループの“お名前.com”で独自ドメインを取得しXサーバーで運用中。”お名前.comドメイン”を取得する際には「Whois情報の公開代理を利用する」にチェックを!

 

Ⅶ 最後に

当サイト”クリプト≒フリプト”では、暗号資産や株式投資を行うための豊富な情報を発信しております。

以下のサイトマップより、興味のある記事を探してみてください!

【時短投資】投資ルール確立へ。“投資時間収益率=税引後利益÷投資に費やした時間” を高める!

【クリプト投資戦略】利益を上げるために必要なことは、時期の見極め、資金管理、情報収集!

【FIAT≒法定通貨】FIATの歴史や役割を学び、お金は人を幸せにするのかを探ります。

【ミステリー】謎、夢、謀略、ロマン、ビットコインを巡る物語や小話をご紹介。

 

経済安全保障を確保し、経済的自由の獲得と自由な人生を目指すあなたを応援いたします!

 

【ブログランキングにも参加中】当サイトを応援していただける方は、クリックのほどお願いいたします!みなさまのエールが記事作成の励みになります!


仮想通貨ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です