映画「億男」 億り人になれば幸せなのか。欲望と向き合おう / フィアット・法定通貨

 

人生を変える可能性がある映画は?と聞かれたら、こちらの作品をあげるでしょう。

 

億男

画像1

 

宝くじで3億円を当てた男が、真の幸せを探し求める姿を描く本作。

この映画を深く考察し、自分の思考法に変化を加えれば今後の人生が大きく変わる可能性を持つ映画だと思いました。

具体的には、「お金」というものの捉え方が180度変わるのです。

 

前回の記事に続き、今回も、法定通貨≒フィアット通貨・日本円について考えていきましょう。

日本円・紙幣とは? 原価20円の1万円札に価値がある理由 | フィアット・法定通貨

 

この記事では、映画「億男」に関する情報を通じて、通貨について再考察するきっかけを提供いたします。そして、みなさんが億男を視聴したあと、「考えさせられる深い映画だったな」と思っていただけたら幸いです。

 

「億男」の原作は、映画プロデューサーの川村元気の同名ベストセラー小説です。

主人公・一男役を佐藤健、九十九役を高橋一生が演じ、共演のキャスト陣に黒木華、藤原竜也、北村一輝、沢尻エリカ、池田エライザたち実力派人気俳優が務めます。

画像2

ここで物語のあらすじを紹介します。

兄の3000万円の借金の保証人になった一男は、失踪した兄に代わり、借金返済に追われていました。

昼間は図書館司書、夜はパン工場で働き、いつ終わるとも知れない返済の日々。

一男は借金返済に魂を抜かれ、愛想を尽かした妻(黒木華)は、娘を連れて家を出てしまいました。

まさに人生のどん底です。

借金に人生を狂わされたといっても過言ではありません。

 

ところがある日、一男は宝くじに当選、手元に3億円もの大金が舞い込んできます。

戸惑った一男は、大学時代の親友で、IT会社を経営していた九十九のもとを訪ねました。

九十九は「とりあえず使ってみよう」提案し、一男はそのお金でパーティーを開きました。一男は慣れないパーティ会場の雰囲気に飲まれつつも、パリピ女子のあきらと連絡先を交換したりお酒を浴びるように飲みました。

まさに成金を経験してみたという感じです。

遊び疲れて眠りに落ち、翌朝に目覚めると、3億円と九十九は姿を消していたのです。

「ない!!!」と慌てる一男。

 

3億円がないと借金も返せない、家を出た妻と娘も帰ってこない。

一男は3億円の行方と九十九の真意を探ることにします。

パーティで出会ったあきらの人脈を利用し、九十九のビジネスパートナーたちに会いにいくことになります。

 

 

「お金の正体」と「お金と幸せの関係」

 

「億男」のテーマは、「お金の正体」「お金と幸せの関係」についてです。

藤原竜也さんが演じる千住は、圧倒的な存在感で劇中だけでなく視聴者にもお金とはなんであるかを意識させてくれる存在でした。

千住は劇中で、「夢実現セミナー」を主宰し、「ミリオネアニューワールド」という怪しい集団の教祖も務める怪しい男です。

 

彼はミリオネアニューワールドの集会の中で、
「お金を得て何がしたいか」を尋ね、それを紙に書き出させました。

彼らの願いを聞いたあと「絶対叶います!」と叫ぶシーンは圧巻でした。

そして彼は、「人はお金に支配されている。お金には価値がない」と主張して、セミナー参加者にお金を破かせたり、捨てさせたりするのです。

実際、世界大戦後のドイツや新興国で起こることの多いハイパーインフレを考えると、お金が無価値になることもあるのでこのシーンは非常に考えさせられるものがありました。

 

落語・芝浜を知っていれば100倍面白くなる

 

「億男」の大本にあるのは古典落語の『芝浜』という話です。

「億男」を見る前に「芝浜」を知っておくと、物語を楽しめます。夫婦の愛情を暖かく描いた屈指の人情噺、芝浜のあらすじを紹介いたします。

画像5

 

時は江戸時代。
なまけ者の魚屋・勝が、泥酔した夜の帰り道に、芝浜という浜辺で大金入りの革財布を拾います。

勝は翌日、そのことを女房に話しますが、女房は「酔って夢でも見たのだろう」と言います。

 

画像7

 

勝は大金を拾ったのは夢だったのか、とがっかりしますが、
つくづく自分の身の上を考えなおし、これじゃいけねえと一念発起します。

そして、大好きなお酒を絶ち、死にもの狂いに働きはじめたのです。

 

懸命に働いた末、3年後には表通りにいっぱしの店を構えることができて生活も安定しました。

 

そしてその年の大晦日の晩のことです。

女房は三年前の財布の件についての真相を、勝に話しました。

画像8

「拾ったお金は夢ではないのよ。あなたは泥酔したあの夜、たしかに大金を拾ってきた。でも私はあなたを騙して、こっそりとそれを役所に届けていたの。
大金が手に入ればあなたはさらに働かなくなり堕落すると思ったから。

しかし、持ち主は現れずに、大金は拾い主のわたしたちのところに戻ってきたの。

今まで騙していてごめんなさい」

*この女房の真実の告白のシーンが落語家さんの腕の見せ所なんです!

事実を知って、財布を見せられた勝は、女房を責めませんでした。むしろ、道を踏み外しそうになった自分を真人間へと立直らせてくれた女房の機転に強く感謝したのです。

女房は喜び、3年間懸命に頑張ってきた夫をねぎらい、久し振りに酒でもどうかと勧めました。

やがておずおずと杯を手にする勝。

「そうだな、じゃあ、呑むとするか」

と、いったんは杯を口元に運びますが、ふいに杯を置きました。

 

「よそう。また夢になるといけねえ」

 

 

ここで落語は終わります。素晴らしい、オチですね。

 

実はこの落語が、億男の物語と密接につながっているのです。

 

九十九が行方をくらましてからも、一男は「お金」に囚われていました。

借金を返済することで、妻子との幸せが取り戻せると信じ続けていたのです。

そして一男は、妻の元を訪れて言いました。

「宝くじに当選したんだ。今は手元にないが、もうすぐ大金が入る。それで借金を返すから、もう一度やり直そう!」と。

しかし妻の反応は一男の想像だにしないことでした。

妻は言います。「あなたは何も分かっていない。あなたは借金によって、本当の幸せの価値を見失ってしまった。もう元には戻れない」と。

そして、一男に預けてあった離婚届けの提出をせがみます。

本当の幸せの価値?!

 

離婚を突きつけられた一男は、お別れの前に、娘のバレエの発表会を見に行きました。

その姿をみて、自分の愚かさを悔いて涙する一男。発表会の帰りに、一男は電車の座席に座りこんでいました。

電車が駅に到着し扉が開いたとき、男性が一男の膝の上に大きなかばんを置いて、一男の隣に腰掛けます。

一男がその男に目をやると。

その男はなんと九十九だったのです!

お前か!?

九十九は一男に、これまでの行動の意味を話しました。

九十九は、一夜にして大金を手にした一男に訪れる「お金に翻弄される不幸を回避するため」にあえて3億円を持って姿を消したのです。それは彼の優しさでした。

そして九十九は言いました。

 

「人生に必要なのは、欲するというエネルギーを

持ち続ける為の少しのお金」と。

 

そして九十九は「自身が探し求めていた本当のお金の価値についての最後の答えが見つかった」と言い残し、再び去って行くのでした。

残されたのは三億円の入ったかばんと一男だけです。

一男はその三億円で、娘が欲しがっていた自転車を買い、それを持って、妻と娘の暮らすマンションを訪ねました。

一男は気づいたのです。

借金返済だけが全てではない。

娘の自転車の練習に付き合いながら、また家族みんなで一緒に暮らしたいという本当の願いに。

 

 

億り人になれば幸せなのか。欲望と向き合おう

 

億男。この映画の捉え方は、人それぞれあると思います。

 

たかがお金。されどお金。

お金が手に入れば幸せになれると思ってしまうことがありますが、そうではないんだということをこの映画は教えてくれました。

 

しかし、人間の欲望とは恐ろしいものです。

「お金が欲しい」という気持ちは消えないのです。

 

私もその一人です。特に10代や20代の若者や給与水準が低い人は、仮想通貨やFXのような金融商品に手を出してしまいがちです。

そして、「仮想通貨」で億男になると夢見ているのです。

※そうして、欲にまみれた末、小型銘柄投資で狩られてしまいます…

アルトコイン XYM 等 小型銘柄に気を付けろ ※相場操縦?与沢砲 | 暗号資産・仮想通貨

 

しかし。

あくまで「お金」はカードの一つに過ぎないのです。

幸せに生きるためのカード、手段です。

カード…?

そう、人生を楽しむためのカードです。

 

投資はゲーム、投機であり博打です。

本物のトレーダーではなく、あくまで道楽というスタンス。

 

お金を稼ぐことが目的ではなく、最終目標は人生を楽しむこと。

 

人生を楽しむ視点は、忘れないようにしたいと思っています。

「お金というものに惑わされず、人生を楽しむことに注力しよう」

私はこの映画からそんなことを学びました。

 

紙幣の正体を探るこんな動画を作成しています!

 

 

<モロッコを知っていれば物語はより面白くなる>

「億男」の物語には、モロッコという国が深く関わってきます。

モロッコは、アフリカ大陸の北東部に位置している国です。

スペインの南、ジブラルタル海峡を越えた先にあります。

この国は、日本では想像もできないようなことが日常的に起こり、サハラ砂漠の星空やシャウエンの青い世界など、信じられないほどきれいな絶景を目にすることができるのだそうです。

モロッコまでのアクセスは非常に遠いですがインスタ映えする土地も多いそうですよ!

画像6

 

 

<BUMPOFCHIKIENの主題歌で締める>

「億男」の主題歌はBUMPOFCHIKIEN「話がしたいよ」です。

BUMPOFCHIKIENの映画音楽といえば、『ALWAYS三丁目の夕日』シリーズの、「花の名」、「グッドラック」が有名ですね。

近年、BUMPOFCHIKIENの音楽はますます精錬されていっているような気がします。

デビュー当初は、「天体観測」や「ダイヤモンド」に表れているように、荒削りな音楽性でした。しゃがれた声で叫ぶ藤原さん、大好きでしたね。

そして、「sailing day」「メーデー」 過渡期とでもいいましょうか。

現在は、「RAY」や「ファイター」等の完成された楽曲が提供されています。

特にファイナルファンタジー零式の主題歌「ゼロ」は度肝を打たれました。
♪終わりまで、あなたといたい。それ以外たしかな思いがない♪

魂のこもった素晴らしい曲でした。

このブログ記事も、この楽曲を紹介して締めとさせていただきます。

 

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます!

当ブログは、”経済的自由を得て人生を充実させる”ために役に立つ情報をお届けします。

経済的に豊かになるためにどんな行動が必要でしょうか?

 

1 副業(ブログYOUTUBE等)で、総収入を底上げ

副業では自分が得意・好きな分野で発信し、収益化を目指すことができます!
※当ブログはGMOグループの“お名前.com”で独自ドメインを取得しXサーバーで運用中。
”お名前.comドメイン”を取得する際には「Whois情報の公開代理を利用する」にチェックを!

2 暗号資産(仮想通貨)投資 × 株式投資

経済的に豊かになるためには、投資を行って資産自身に増えてもらうことが必須です。

私は2018年から暗号資産投資と向き合ってきましたが、確信したことがあります。
資産を増やすためには、焦らずに投資の経験値を積み重ねる必要があるということです。

今はまだ暗号資産を保有していない方もまずは少額から購入してはいかがでしょうか。

 

 

当ブログ”クリプト≒フリプト”では、暗号資産や株式投資を行うための豊富な情報を発信しております。以下のサイトマップより、興味のある記事を探してみてください!

【時短投資】投資ルール確立へ。“投資時間収益率=税引後利益÷投資に費やした時間” を高める!

【クリプト投資戦略】利益を上げるために必要なことは、時期の見極め、資金管理、情報収集!

【FIAT≒法定通貨】FIATの歴史や役割を学び、お金は人を幸せにするのかを探ります。

【ミステリー】謎、夢、謀略、ロマン、ビットコインを巡る物語や小話をご紹介。

【高配当・優待株式】株式投資を学べば毎年10%以上の安定した収益が狙えます。

 

【ブログランキングにも参加中】応援していただければ記事作成の励みになります!


仮想通貨ランキング

 

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村

経済的自由を目指すあなたを当ブログは応援いたします!

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。