仮想通貨市場のM&Aトレンドと取引所の未来:成長と競争力の向上

始祖・ビットコインから派生して生まれたアルトコイン。

あまりにも数が増えすぎた仮想通貨・暗号資産…!

この記事では、暗号資産の銘柄が増えたことに関する見解、背景や具体例、そして市場への影響について解説します。

暗号資産市場における注目すべき動きを紐解きます。

統合と分離が交錯する現代の仮想通貨市場において、どのような変化が起こっているのか、その深層を掘り下げていきます!

 

当サイト「投資の美学~クリプト≒フリプト」について
・運営目的:投資を通じた資産形成によって、多くの人が理想の人生を追求できること
運営主は会社員と兼業で金融メディア・YOUTUBE運営。2021年暗号資産交換業者勤務
ちゃんねるトッシー演者として令和の虎出演。自己紹介詳細はlit.link,自己紹介記事,X(Twitter) にて

✅投資コラム⌚読了には約3-5分ほどの時間を要します。

※当サイトはアフェリエイトプログラムに参加しています。サービス・商品をPRいたします。

 

暗号資産の種類と進化

ビットコインの誕生とその影響

2009年、皆さんご存じのビットコインがこの世に誕生しました。

それはまるで暗号資産(クリプト)の夜明けのようでした。サトシ・ナカモトという謎の人物(またはグループ)がビットコインの白書を発表し、世界中の金融の在り方を一変させました。

ビットコインとサトシナカモト 金融と哲学が融合した革命物語

ビットコインは中央銀行や政府に依存しない、新しいデジタル通貨として多くの人々の注目を集めました。

ビットコインは「デジタルゴールド」とも呼ばれ、その希少性とセキュリティが魅力です。

これにより、ビットコインは投資の手段としても広く認識されるようになりました。

 

アルトコインの登場と多様化

ビットコインの誕生を受けて、ライトコインやドージコインといった数多くのアルトコインが次々と誕生しました。

アルトコインとは、ビットコイン以外のすべての暗号資産のことです。

それらの暗号資産はビットコインの性能を改良し、新たな機能やユースケースを提供することを目指しています。

例えば、イーサリアム(Ethereum)はスマートコントラクト機能を導入し、分散型アプリケーション(DApps)の基盤となりました。

リップル(Ripple)は高速かつ低コストの国際送金を実現するために設計されました。

その後も新たな暗号資産は次々と発行されていきます。

 

2024年7月時点で、24,000以上の暗号資産が存在しています。

 

©鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 / 集英社

 

ちょっと待ってください。

多すぎませんか???!!!

膨大な数に皆さんも驚いていませんか?

はっきり言って、暗号資産の世界はまさに無法地帯です。

日々新しいプロジェクトが生まれて、トークン発行を通じた資金調達が行われています。

プレセール(ICO)やIEOを通じて、新たな暗号資産とそのプロジェクトが次々と市場に投入されています。

 

暗号資産の現状: 混乱と多様性

暗号資産の無法地帯化: プレセールやIEOの増加

暗号資産の世界はまるで西部劇の無法地帯のようです。

毎日新しい暗号資産がプレセール(ICO)やIEO(初回取引所提供)を通じて生まれてきます。

これはまるでデジタルゴールドラッシュともいえますが…

その多くは成功せずに消えていきます。それでも、仮想通貨の新プロジェクトにワクワクしてしまう人があとを絶ちません。

これらの新しいプロジェクトの中には、本当に革新的なアイデアが含まれています。一方で、詐欺的なプロジェクトも存在するのが現実です。

みなさんも、どのプロジェクトが本物で、どれがそうでないかを見極めるのは難しいと感じているのではないでしょうか?

でも、そこがまた面白いところです。ちょっとした冒険心をくすぐられる感じがしませんか?

先日の記事でも、私はPEPU:Pepe Unchainedというプレセールをご紹介しました。

ミームコインPEPU:Pepe Unchained投資戦略:先行者利益と将来の見通し

 

 

過剰供給の問題

ただし、ICO・プレセールが乱発され、暗号資産の数が多すぎる事態になっていることは問題だと考えています。

まるでデジタル通貨の大洪水です。

こんなにたくさんの暗号資産、みなさんは全部把握できていますか?

投資の美学という当サイトYOUTUBEを運営している私も、正直言って追いきれません。

どの暗号資産(仮想通貨)が価値を持ち続け、どの銘柄が淘汰されるべきか。

みなさんはこの問題についてどう思いますか?

とはいえ、この混乱の中にもチャンスがあります。新しいプロジェクトが次々と生まれることで、イノベーションが促進され、市場が活性化する一面もあります。

投資家にとっては新たな仮想通貨に投資することで、未来のイーサリアムやソラナを見つけるチャンスがあるかもしれません。

 

淘汰される銘柄もあれば、生き残る銘柄もある、暗号資産投資家はそうやって一人前になります。

ここでワンピースのシャンクスの名言を。

©ONE PIECE / 尾田栄一郎 / 集英社

 

仮想通貨の統廃合事例とメリット(新陳代謝)

過剰供給問題の解決につながるニュースがあります。

仮想通貨の世界にも統廃合が進んでいるのをご存じですか?

2024年の注目すべき事例として、SingularityNET、Fetch.ai、Ocean Protocolの合併があります。

これらのプロジェクトは、人工知能(AI)技術を駆使する分散型プロトコルとして、それぞれが独自の強みを持っていましたが、それらを合わせることになったのです。

2024年6月に完了し、SingularityNET(AGIX)、Fetch.ai(FET)、Ocean Protocol(OCEAN)のトークンがAI連合(ASI)という新しいトークンに交換されることになりました。

参考記事:COINPOST:SingularityNET、Fetch.ai、Ocean ProtocolがAI連合(ASI)に統合

 

統廃合には多くのメリットがあります。

まず、資源の集中と効率化です。複数のプロジェクトが合併することで、技術や資金を集約し、より強力な開発が可能となります。

これにより、新たなプロジェクトの成功確率が高まり、市場全体の信頼性も向上します。

 

一方で、デメリットも存在します。例えば、合併に伴う文化の違いや技術的な統合の困難さです。

これにより、一時的な混乱や停滞が発生することもあります。さらに、特定のプロジェクトが消えてしまうことで、コミュニティの分裂やユーザーの不満も生じる可能性があります。

みなさんも、好きだったプロジェクトが突然合併することで驚いた経験はありませんか?

 

しかし、こうした新陳代謝は暗号資産市場の健全な発展に欠かせないと考えています。

過剰供給の問題を解決し、強力なプロジェクトが生き残ることで、市場全体がより堅固なものとなるのではないでしょうか。

 

企業のM&Aと仮想通貨の類似点

統廃合は、ビジネスの世界でも一般的です。

M&Aという形で企業買収が積極的に行われています。

 

みなさん、ゾンビ企業って聞いたことありますか?

業績不振によって経営が破綻し、利益が債務の利払いを下回っている状態が続いているにもかかわらず、金融機関や政府機関などの支援に頼ることで存続している企業のことです。ゾンビ企業の増加は市場機能の健全性を損ない、経済の成長を阻害する可能性があるともいわれています。 参考:野村証様

驚くべきことに、こうした企業は思ったよりもたくさん存在しています。

これらの企業が市場にとどまることで、リソースの無駄遣いや市場全体の健全性に悪影響を及ぼしています。

そこで登場するのがM&A、つまり企業の合併と買収です。

私は2024年時点では会社員として働いていますが、自身が働いている会社でもM&Aを行っています。

 

M&Aは企業が競争力を高めるための重要な戦略です。強力な企業が弱体化した企業を吸収することで、リソースを効率的に活用し、新しい市場を開拓することができるのではないでしょうか。

例えば、日本企業のM&Aについての詳細な情報は、株式会社M&AベストパートナーズのHPを参考にしてください。

 

前述したように暗号資産の世界にも同じような現象が見られます。膨大な数の仮想通貨が存在する中で、全てのプロジェクトが成功するわけではありません。多くのプロジェクトが市場に溢れることで、資源が分散されてしまいます。

このような状況を改善するために、仮想通貨の統廃合が必要ですよね。

仮想通貨と企業のM&Aには、多くの類似点があります。

どちらも市場の効率化と健全化を目指して行われるものです。そして、これらの動きが市場全体の成長を促進します。

 

暗号資産取引所のM&A: 業界の動向

暗号資産取引所もM&Aを積極的に活用しています。

2024年6月にはbitFlyer Holdingsが破綻したFTX Japanを買収することが発表されました。
これは業界にとって大きなニュースです。

ビットフライヤーがFTXJPを買収:日本の暗号資産市場の未来と影響を解説

 

bitFlyerは日本国内で最大規模の仮想通貨取引所の一つであり、FTX Japanの買収によりさらなる成長を目指しています。

また、SBIグループも仮想通貨取引所の買収に積極的に取り組んでいます。
例えば、BITPOINTやHashhubグループの買収がその一例です。

◎PR・BITPOINT 紹介コード:TUKIKAFQMF 適宜開設キャンペーン実施中
👉無料登録はこちら
BITPOINT

 

 

SBIホールディングスグループは金融業界での豊富な経験と資金力を活かし、仮想通貨市場での存在感を強めています。

BITPOINTの買収により、SBIグループはユーザーに対してより多様なサービスを提供し、取引の安全性や利便性を向上させることができます。

このように、暗号資産取引所のM&Aは、市場の進化と競争の激化を象徴しています。
これらの動きが、暗号資産市場の健全な成長を促し、ユーザーにとってもメリットをもたらすことになればよいですね!

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!

この記事が皆様のご参考や情報収集のお役に立てれば幸いです。
もし気に入っていただけましたら、ぜひシェアしていただけると嬉しいです。

経済的自由を得て、充実した人生を目指す皆さまを応援するために、真摯にサイト運営を行っています。ただし、記事はサイト運営者である私の意見や視点ですので、参考程度にご覧ください。理念やサイトマップは、トップページに記載しております。

なお、記事には投資アドバイスや推奨は含まれておりません。全ての投資や取引にはリスクが伴います。投資のご判断はご自身の調査に基づいて行ってください。特に仮想通貨市場は予測が難しく、値動きが激しいため、投資は自己責任でお願いします。

※記事にはPR・アフィリエイトが含まれています。※当サイトの案件の取り扱い方針

<経済的自由への道草・おすすめサービスのご紹介>

レンディングで放置投資~人生において時間を大切にしたい!
当サイトは、短期売買ではなく投資にかける時間を短くする長期の資産運用の情報発信を行っています。その一つの候補として、レンディングの利用があります。(複数事業者に分散してリスク抑制)

〇メリット :利息がもらえて複利で増える。トレードに時間を使わない
×デメリット:分別管理対象外のため破綻リスクあり。貸出元本の下落リスク。

私は保有している暗号資産(BTC・ETH )をレンディング事業者BitLendingNexo、HashHubレンディングFUELHASHなどに預けて、ほったらかしで複利運用を行っています。

👉BitLendingの口座開設・詳細はこちら
BitLending
BitLending:暗号資産レンディングプラットフォーム 🌐㈱J-CAM
東京拠点、2020年サービス開示。四半期ごとに運用レポート開示
仮想通貨3種類BTC ETH XRP+ステーブルコイン3種類 USDT USDC DAI

👉Nexoの口座開設・詳細はこちら
Nexo:ビットコインなどの暗号資産を購入、交換、保管するためのプラットフォーム
ロンドン拠点、2019年サービス開始。資産管理保険も充実
BTC ETH SOL BNB XRP など主要通貨 + USDT USDC などステーブルコインを運用可能

✅暗号資産を売買した場合、損益計算もセットで実践 Gtax

暗号資産の投資において1年分の売買損益を計算し、20万円以上の利益が出た場合は確定申告をする必要があります。 ※参照 金融庁HP
手作業での計算は非常に時間がかかりますが、確定申告に必要な損益計算を自動で行うソフトGtaxを使用し、作業を大幅に簡略化することも可能です。

👉損益計算ソフト Gtax ジータックス詳細はこちら(取引件数に応じて価格が異なります
Gtax

 

✅サイト運営主である私の自己紹介を簡単にいたします。 詳細は自己紹介記事にて。
・投資歴:2016年から株式、2018年か暗号資産(仮想通貨)投資を開始
・本業の会社員としての経歴:国土交通省→金地金流通協会企業→暗号資産交換業者→建設業(現役)
・暗号資産交換業者勤務歴を活かした着眼点、宅地建物取引主任者試験にも合格。
・投資スタンス:BTC ETH SOLなど時価総額が多い銘柄を長期で複利運用

 

1. 資産防衛と経済的自由の獲得を目指す投資
「銀行預金だけでは資産価値が減る…」不換紙幣である法定通貨の価値が不安定な時代では、投資を学んで自分の資産を守る”経済安全保障”が必要です。大事な資産を守り、経済的に豊かになるために、様々な資産クラスに投資を分散させ、リスクを抑えた資産運用を目指しましょう。

2. 暗号資産(仮想通貨) の保有について

多くの暗号資産が注目されていますが、私が主に保有しているのは以下の3種類です。

  • ビットコイン (BTC): 国家の法定通貨としても使用され、米国で現物ETFが承認されています。
  • イーサリアム (ETH): NFTの売買など実利用が進んでおり、米国で現物ETFが承認されています。
  • ステーブルコイン (USDT, USDC): 米ドルと連動した価値が担保され、価格の安定性があります。

ただし、暗号資産は値動きが大きいため、まずは資産の1%以下の少額からの保有をお勧めします。

 

3.暗号資産の購入を検討している方へ

☛暗号資産の売買ができる取引所は、国内外合わせて数多く存在します。

購入を検討する際は、金融庁HP記載の「暗号資産交換業者登録一覧」に記載された取引所を利用することを推奨します。これらの取引所は法令に基づく分別管理規程が適用されており、万一事業者が破綻した場合でも顧客資産の保全が確保されています。ただし法令に沿わない可能性もあるため、取引所を複数利用し、資産を分散させることでリスクを抑えることができます。

GMOコイン 出金手数料無料の万能取引所
✔日本円出金手数料無料、暗号資産送付手数料無料!
✔現物取引可能な暗号資産数が非常に多く、アプリも見やすい。
✔東証一部上場企業の子会社が運営し安心感も高い。
👉無料登録はこちら


BITPOINT 紹介コード:TUKIKAFQMF 適宜開設キャンペーン実施中
✔ETH、SOL、ADA、TRXなどのステーキング利率が高い
✔DEP、OSHIなどゲーム・NFT系銘柄の取り扱いが多い
✔暗号資産出金手数料無料
👉無料登録はこちら
BITPOINT

bitbank 画面がカッコよくアルトコイントレーダー向け
✔現物取引可能な暗号資産が多く板取引がしやすい。セレス・ミクシイが出資
✔ 60種のテクニカル分析を利用できるリアルタイムチャート
👉無料登録はこちらbitbank(ビットバンク)

OKCOINJAPAN グローバル取引所が日本に進出
✔無料口座開設でBTC1000円分がもらえる!
✔レイヤー1銘柄に強くステーキングも豊富
✔SUI APT SOL ASTRを取り扱っており、SOLもステーキング可能。
👉無料登録はこちら

bitFlyer 口座開設でBTC1500円分もらえる  招待コード pg33tdes
✔ビットコインをもらうサービスあり。楽天市場や旅行の利用でBTCがもらえる

コインチェック(Coincheck)
✔マネックス証券傘下、スマホアプリがわかりやすい◎、BTCのみ保有するなら◎

✅証券会社:SBI証券
ビットコイン関連銘柄の購入は証券会社のNISA枠で。
✔BTC爆買い企業MSTR マイクロストラテジー
✔ETFのカストディアンである取引所・コインベース
✔RIOT MARA CLSK CIFR などBTCマイニング株
SBI証券で 口座開設

 

👉最後に
当サイト”投資の美学 クリプト≒フリプト”では、投資を楽しんで続けるための豊富な情報を発信しております。以下より、興味のある記事を探してみてください!

記事カテゴリ】
Ⅰ 始め方 :初心者向けに投資の基本や始め方を解説
Ⅱ 暗号資産:ビットコイン,イーサリアム,アルトコイン,用語解説,歴史
Ⅲ 戦略.リスク :投資戦略とリスクを回避する情報(主 暗号資産,次 伝統資産)
Ⅳ 心構え :投資をする上で重要な心構えとマインド
Ⅴ 納税  :暗号資産に関する税制度や納税
Ⅵ 伝統資産:株式,貴金属,法定通貨
Ⅶ コラム :時事・ニュース,投資,STEPN,こちら織田証券㈱

 ※当サイトは YOUTUBEチャンネル 投資の美学 クリプトルパン(トッシー)の台本となります。

 

【ブログランキングにも参加中】応援していただける方は、タップ・クリックのほどお願いいたします!
みなさまのエールが記事作成の励みになります!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村
仮想通貨ランキング

 

【姉妹サイトのご紹介】
✅YOUTUBE ちゃんねるトッシー 令和の虎出演
✅YOUTUBE
投資の美学 ⚔ クリプトルパン ~仮想通貨を中心に耳より情報発信

✅エッセイ小説 俺たちバグジー親衛隊 高校生たちのドタバタコメディ活劇。全力で生きて人生楽しめ!
雑記ブログ 徒然道草 おもしろくなき世をおもしろくする。サブカルから名言まで。
✅小説 エンドビギニング: 2020年発売の電子書籍 支配と幸せの謎
✅コミュニティ:道楽舎 人生を謳歌し自分にしか出せない価値を生み出す
✅道楽創造党:日本の未来を切り開く公約と方針

 

【お知らせ】
GMOグループの“お名前.com”で独自ドメインを取得しXサーバーで運用しています。”お名前.comドメイン”を取得する際には「Whois情報の公開代理を利用する」にチェックを!
✅LINEスタンプを販売してます! ちゃんねるトッシー/光秀謀叛やめたってよ/STEPN/健康第一
提携先・一般社団法人マネーアカデミー様の書籍無料プレゼントキャンペーンを紹介しております。
①投資初心者の方向け 「はじめての資産運用 (Bコミ坂本慎太郎さん 著)」
②FIRE 経済的自由を目指す方へ「ウォーレン・バフェットの投資術(柏木悠介さん 著)」

BitLending

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です